ユーチューバーになるには

ユーチューバーになるまでの道のり

ユーチューバーになるのに、必要な資格や学歴はありません。

パソコンやカメラを使って動画を撮影・編集し、ユーチューブに動画をアップロードすることさえできれば、誰でもユーチューバーになることは可能です。

これだけ聞くと、ものすごく簡単で魅力的な仕事だと思うかもしれませんが、ユーチューバーとして生計を立てていくのはものすごく大変なことです。

YouTube動画を通じて収益を上げるためには、基本的にYouTubeの「パートナープログラム」に参加し、動画に広告を入れる必要があります。

パートナープログラムを利用するにはいくつかの条件があり(後述します)、さらに広告を入れられるようになっても、相当な数の視聴回数を得られなければ、多くの収益は上がりません。

そのため、現在ユーチューバーとして活動している人も、他に仕事(本業)をもって、副業や趣味としてYouTubeへの動画投稿をしているケースはよく見られます。

ユーチューバーの資格・難易度

ユーチューバーになること(YouTubeに動画を投稿すること)自体に、特別な資格は必要ありません。

2020年11月時点では、13歳以上であれば自分のYouTubeアカウントを作ることができますし、あとは撮影機材や編集ソフトなどを用意すれば、誰でも動画投稿が可能です。

最近ではスマホ一つで撮影から編集までやり遂げてしまう人もいるほどです。

ただし、YouTube動画で収益化するための「パートナープログラム」に参加するには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

(1)YouTubeの収益化ポリシーを遵守していること
(2)YouTubeパートナープログラムを利用可能な国や地域に居住していること
(3)有効な公開動画の総再生時間が直近の12ヵ月間で4,000時間以上であること
(4)チャンネル登録者数が1,000人以上であること
(5)リンクされているAdSenseアカウントを持っていること

上記のうち、初心者にとってハードルが高いのは3と4でしょう。

以前は、誰でも簡単にパートナープログラムが利用できましたが、YouTubeの利用者が増え、悪質な動画を排除するとともに良質な動画を厳選することを目的に、現在ではこのような条件が設けられています。

ユーチューバーとして収益を上げたいのであれば、視聴者に「見る価値がある」思ってもらえる動画をコツコツと作る必要があります。

ユーチューバーになるための学校の種類

ユーチューバーは、どのような学校を出ている人でもなれる可能性のある職業です。

中卒や高卒でユーチューバーになっている人もいますし、逆に「東大卒」など高学歴をウリにして活動をする人もいます。

また、特別なスキル(専門的な資格など)をもっていたり、あまり一般の人には知られていない仕事に就いていたりする人が、ユーチューバーとして情報を発信しているケースもあります。

ユーチューバーにとって重要なことのひとつは、自身のキャラクターや企画のオリジナリティをどう見せていくか、ということです。

これまでの人生で経験してきたことをどう生かすかは、すべてその人次第です。

ユーチューバーに向いている人

表現することが好き

ユーチューバーは、自分で考えたネタやアイデアを動画という形にして、世の中に発信します。

しばらく活動を続けていると、どうしてもマンネリになったり、新しいネタを考えるのも苦労することがあります。

そんなときでも、頭の中のイメージを形にする作業を自分自身が楽しめれば、ユーチューバーを続けられるでしょう。

「人」を大切に考えられる

ユーチューバーは、多くの人に自分の動画を見てもらうことを目標に、日々動画を作り続けています。

いくらオリジナルの表現や個性を大切にするとはいっても、視聴者を一切無視することはできません。

また、視聴者を上手に意識できれば、どんどんファンを増やせる可能性があります。

決してひとりよがりになることなく、「おもしろい!」と思ってもらえる動画を作り続けることも大切です。

新しいことやエンターテインメントが大好き

いまやYouTubeは多くの人が利用するWebサービスですが、次々にユニークな動画が更新され続けているなかで、視聴者の心を掴み続けるのは大変です。

同じスタイルをずっと続けていたら飽きられる可能性もありますし、自分のものよりもおもしろい動画が出てきたら、あっという間にそちらに流れてしまうこともあり得ます。

そのような流れの速い世界に身を置くからこそ、常に新しくワクワクできる物事を模索し、自分の動画作りに生かしていけるような人が、ユーチューバーには向いています。

ユーチューバーのキャリアプラン・キャリアパス

ユーチューバーの活動の仕方は、まさに十人十色です。

愚直に専業ユーチューバーとして動画投稿を続けてファンを増やしていく人がいる一方、会社員生活を続けながら副業として動画投稿をしている人も少なくありません。

また、近年はテレビに出る芸能人やタレントがユーチューブにまで手を広げるケースも多く、「動画+α」でマルチに活躍する人が目立ちます。

ユーチューブを足掛かりに知名度を上げて、別のビジネスを起業したり、自分のお店の宣伝をしたりしているような人もいます。

もちろんユーチューブ一本でやり続けるのもよいですが、浮き沈みや流行に左右されやすい仕事だからこそ、他にいくつもの収入源をもって活動している人が多いです。

ユーチューバーを目指せる年齢は?

ユーチューバーには年齢制限がありません。

10代、20代、30代…と、それぞれの年代で自分らしさを存分に発揮しながら活躍するユーチューバーがいます。

ちなみに、2020年には日本人の「森浜子さん」という女性(当時90歳)が、「世界最高齢のゲーム投稿ユーチューバー」としてギネス世界記録に認定されています。

心と体が元気であれば、年齢も性別も関係なく、一生涯にわたってユーチューバーとして活躍できる可能性があります。