ユーチューバーの給料、年収、収入

ユーチューバーの平均年収・給料・収入の統計データ

ユーチューバーの平均年収・月収・収入

ユーチューバーの多くは独立して個人もしくはグループなどで活動をしているため、一般の会社員のように、毎月会社から決まった給料をもらえるわけではありません。

一般的なユーチューバーは、YouTubeの「パートナープログラム」に参加し、広告を入れた動画をYouTubeに投稿して、その再生回数に応じた広告収入を得ることでお金を稼いでいます。

広告収入の額は平均すると1再生あたり約0.1円といわれており、再生回数が増えれば増えるほど、手元には多くの報酬が入ってくることになります。

したがって、ユーチューバーの月収は0円に近い人から、数万円、数百万円あるいはそれ以上という人までまちまちです。

ユーチューバーの手取りの平均月収・年収・収入は

ユーチューバーの収益は人によってピンキリであり、手取りもまた同様です。

たとえば月に10万円の売上が出たとしても、それがそのまま手取りになるわけではありません。

会社に所属しないユーチューバーは、健康保険料や年金保険料、住民税を自分で支払わなくてはなりません。

また、撮影機材や編集ソフトを購入したり、動画内で使用するグッズを購入したりするのに、多額のお金がかかる場合もあります。

ユーチューバーとしての活動は赤字で、他の仕事やアルバイトをしながら生活している人もいるのが実情です。

ユーチューバーの福利厚生の特徴は?

会社に所属しないユーチューバーにとっては、休暇制度や社員寮、退職金制度などの福利厚生とは無縁といえます。

ただし、個人で活動しているユーチューバーは、毎年、年間の所得を税務署に報告する「確定申告」をします。

その際には、ユーチューバーとしての活動に必要なお金(例:撮影機材、勉強のための書籍代、打ち合わせに使った飲食代など)を「経費」として、売上から差し引けます。

また、自分の慰労や休息のために使ったお金を「福利厚生費」という形で経費の一部として設定することも可能です。

翌年の税金の額は、売上から経費等を引いた「所得」に対して計算されて決まってくるため、できるだけ経費を使うことは節税にもつながります。

当然、売上に対してあまりにも福利厚生費が多いのは問題ですし、指摘されてしまう可能性がありますが、常識の範囲内で正当な理由を示せる場合には、上手に福利厚生費を活用するとよいでしょう。

ユーチューバーの給料・年収・収入の特徴

ユーチューバーの稼ぎ方の基本は広告収入

ユーチューバーの収入源はいくつかありますが、最も代表的で、金額が大きくなりやすいのが「広告収入」です。

YouTubeの「パートナープログラム」に参加し、審査に通ると、自分の動画に広告(GoogleAdsense広告)を入れられるようになります。

広告の表示方法や形態は、動画本編の前後に流れるものや、動画本編の途中で流れるものなど何種類かありますが、ユーチューバーには、こういった広告の再生回数に応じてお金が入ってくるしくみとなっています。

つまり、自分の動画が再生されればされるほど、広告の再生回数も増え、多くの広告収入が得られます。

なお、1再生あたりの広告収入の単価は動画のジャンルや地域、動画が再生される時期などによっても変動しますが、平均すると「0.1円程度」といわれています。

広告を入れればお金を稼げるとはいっても、実際には0.1円で単純計算した場合、1万回再生されてようやく1,000円ですから、月に20万円~30万円ほど稼ぐのも決して簡単なことではありません。

広告収入以外の収益源

以下のような、広告収入以外の方法で収入を得ているユーチューバーもいます。

・スーパーチャット
・YouTubeチャンネルメンバーシップ
・アフィリエイト
・企業タイアップ
・商品販売
・メディア出演、本執筆

ユーチューバーの広告収入の仕組み・収入源は?

動画を作って投稿するのがユーチューバーの基本的な活動内容ではありますが、継続的に見てくれる視聴者(≒ファン)が増えていくと、活動の幅を広げられるようになります。

たとえば企業から直接依頼を受けて商品紹介動画を作ったり、リアルの場でのオフ会やイベントを企画して参加費を集めたり、自分で電子書籍を売ったり商品をプロデュースしたりして、お金を得ている人もいます。

ただし、ユーチューバーとしてまったく知名度のない人がこのような活動をしても、あまり大きな収入は得られないでしょう。

事務所に所属するユーチューバーの場合

ユーチューバーとして、ある程度知名度が高まってくると、事務所に所属して活動する人もいます。

ここでいう「事務所」とは、ユーチューブの活動をサポートしたり、マネジメント業務を手掛けたりする組織のことを意味しており、大手事務所ではUUUMなどが有名です。

事務所に所属した場合、企業タイアップ案件の紹介や雑務のサポート、事務所が企画するイベントへの参加、スタジオ利用など、さまざまなメリットがありますが、その代わりに収益の何割か(20%程度)を手数料として支払う必要があります。

完全に個人ですべて動くのと、事務所に所属するのと、どちらが総合的に見て得かを判断して、事務所に所属するか決めている人も多いようです。

ユーチューバーが収入を上げるためには?

ユーチューバーとして収入を上げる最も基本的な方法は、チャンネル登録者数と、再生回数を増やすことです。

1本の動画にとことん力を込めて「バズる動画」をねらうのもひとつの方法ですが、大きな収入を得ているユーチューバーはたいてい、安定して一定の人気を集める動画を作ることができる力をもっています。

そのためには、継続して視聴者にウケるネタを考え続けることと、動画をより魅力的に魅せるための撮影技術や編集技術を高める努力が不可欠です。

YouTubeのメリットは、一度ファンになってくれると、過去にアップした動画まで何度も見てもらえるチャンスがあることです。

また、最近では一般的なGoogleなどの検索エンジンの代わりに、YouTubeで必要な情報を探す人もいます。

YouTubeをはじめ、Webサービスの流れはどんどん移り変わっているため、視聴者が何を求めているのかをよく考えて、オリジナリティある動画を作っていくことが重要です。

また、最近では動画投稿者そのものが一種のタレント化する例も少なくありませんから、個性的なキャラクターを打ち出して人気が出れば、広告収入以外の方法でも収入を得られるようになるでしょう。