副業でユーチューバーになれる?

ユーチューバーの副業での働き方・仕事内容

ユーチューバーは、それを専業としている人がいる一方、他の仕事をしながら副業として活動している人が多いことも特徴のひとつです。

ユーチューバーとしての活動は、会社に勤める人のように場所や時間が問われにくいです。

動画を撮影・編集し、アップロードする環境さえ整えれば、日本全国、あるいは海外のどこにいても活動できますし、時間に制約もありません。

「ユーチューバー」という言葉が世の中に広まり、動画をYouTubeに投稿することの敷居が低くなったこと、また「副業OK」とする企業も増えつつあるなかで、副業ユーチューバーはますます増加傾向にあるといわれます。

副業のユーチューバーとして働くには?

副業のユーチューバーとして働くにあたって最も気をつけるべきポイントは、会社に所属している場合、自社の就業規則をよく確認しておくことです。

最近では副業を推奨する会社が増えているものの、なかには副業NGとしているところもあります。

たとえば公務員は法律によって副業が禁止されていますし、民間企業でも副業に関する考え方はまちまちです。

もし就業規則を破ってユーチューバーとして収益を上げてしまうと、処罰される可能性があります。

そのポイントをクリアできれば、特別な資格などは必要なく、YouTubeの「パートナープログラム」へ参加することで誰でもユーチューバーとして活動可能です。

ユーチューバーになるには

副業のユーチューバーのメリット・デメリット

メリット

副業のユーチューバーが多い背景には、それを専業にして生活していくのが非常に大変だということも挙げられます。

たとえ専業ユーチューバーとして生きていきたいと思っても、それだけの収入が望めず、仕方なく他の仕事をしながらユーチューバーとしての活動も行っているという人は決して少なくありません。

テレビでは、よく高額な収益を得ているユーチューバーが取り上げられますが、それほど大成功しているのは、世界中に大勢いるユーチューバーのなかでもほんの一握りの人のみです。

ほとんどの人にとって、再生数に収益が影響される動画の投稿だけで安定した稼ぎを得ることは難しいのが現実です。

したがって、他の仕事(本業)によって安定した収入を確保しておくことは、ユーチューバーとしての活動を続けるには重要なポイントといえます。

当然、副業としてでも収益が出れば、それだけ合計の収入が増えることにもなります。

デメリット

副業ユーチューバーになると、専業で行う以上に生活が忙しくなることを覚悟しておく必要があります。

意欲さえあれば、日中は会社で仕事をし、深夜や休日の時間を使って動画撮影や編集を行うことは十分に可能ですが、睡眠時間や自由に過ごせる時間はどうしても削られてきます。

もちろん、動画投稿はノルマがあるわけではありませんからマイペースにやることは可能です。

しかし「知名度を上げたい」「少しでも再生数を増やしたい」のであれば、ある程度コンスタントに動画を投稿していく必要があります。

また、動画を撮影するために、新しいネタやアイデアを常に考えることも大切です。

こうしたことから、副業でユーチューバーを真剣にやろうとすると休める時間がなく、忙しい日々を送ることにもなりがちです。

副業のユーチューバーの給料・年収

ユーチューバーの収入は、専業・副業に関わらずピンキリです。

必死で動画を投稿しても、視聴者を集められなければ収益は限りなくゼロに近い状態となる人がいる一方、何千万円や億単位の年収を手にしている人もいます。

上記はやや極端な例ですが、ユーチューバーとして会社員の平均月給を超える収益が毎月出せるようになれば、それなりに成功したと考えている人も多いようです。

しかし、大量の動画が生産と消費を繰り返されていくなかで、安定して収益を出し続けるのは簡単ではありません。