未経験からウエディングプランナーになれる?

即戦力になれる人が優遇されやすい

いつの時代も結婚式を開く人はいるため、ウエディングプランナーは比較的安定した需要を保っています。

また、この仕事は女性が非常に多く活躍しているため、結婚や出産で退職する人も決して少なくなく、その空いた穴を埋めるために常に求人募集をかけているような企業もあります。

ただし、求人数が多いからといって簡単にウエディングプランナーに就けるかというと、そうもいきません。

近年は不景気の影響からコスト削減に取り組む企業も増えており、即戦力になれる人材を優先して採用したいという動きが高まっているようです。

中にはまったく知識も経験もないところからアルバイトとして入社し、会社の研修を受けたり、現場で働きながらキャリアを築いていくことができる職場もあります。

しかし、少しでも現場経験や知識のあるライバルが同時に採用試験を受けた場合は、どうしても未経験者のほうが不利になってしまいます。

専門学校などで基礎を学ぶ

ウエディングプランナーを目指す人が増えている現在、ブライダルの専門学校やスクールに通って、最低限の知識とスキルを身につけておくことも検討すべきかもしれません。

歴史ある専門学校の場合、ホテルやブライダル関連企業とつながりを持っており、直接ウエディングプランナーの求人情報が届くケースもあります。

ただし、学校によって就職のサポート体制には差があるため、受験前にきちんと検討することが大切です。

また、ウエディングプランナーは資格が絶対に必要という仕事ではありませんが、ブライダル関連の検定を取得しておけば、ライバルに差をつけるアピール材料にもなるでしょう。

また、ブライダルの仕事をした経験がなくても、アルバイトで接客やサービス業に従事した経験があれば、それもアピールするとよいでしょう。

より就職に近付くために

ブライダル業界では、企業や結婚式場によって方針が異なる場合も多いため、「絶対にこうすれば就職できる」と一概にいうのが難しい面もあります。

しかし、ウエディングプランナーの人気が高まっていること、一方で、企業は即戦力を求めたがることを踏まえると、やはり学校などで少しでもブライダルに関する知識を身につけておいたり、資格を取得しておくほうが、有利になるでしょう。

仕事体験談