ウエディングプランナーの勤務時間・休日

日常の忙しさは?

ウエディングプランナーは毎日、結婚式の打ち合わせや事前準備、式当日の立ち会いなど、忙しい日々を送ることになります。

企業に勤める場合、1日の勤務時間は7時間半程度ですが、新郎新婦からの細かな問い合わせも多く、その都度対応をする必要があるため、必然的に残業が多くなります。

また、自分が担当するお客さまの挙式当日は、早朝から現場に入り、スタンバイすることもあります。

勤務時間の長さだけではなく、「失敗ができない」という精神的なプレッシャーから激務と感じる人もいるようです。

ウエディングプランナーの休日は?

新郎新婦のために、毎日忙しく働いているウエディングプランナーには休日は存在しないのではないか?と思う人も多いようです。

たしかに、結婚式は土日に行われることが多いですし、新郎新婦との打ち合わせや他の作業などやるべきことも膨大にあるため、いつ休んでいるのかイメージが湧きにくいかと思います。

しかし、大半のウエディングプランナーはホテルやブライダルコーディネート会社に属しているため、勤務先にもよりますが、シフト制で「1ヵ月に8日休み」という勤務体系が一般的です。

また、年末年始の休暇・夏期休暇・年次有給休暇・慶弔休暇も通常は取ることが可能です。

一方で、土日や休日は式本番になるため、平日を含めたシフト制の勤務体制となります。土日や祝日に休みを取ることは難しいと考えておいたほうがよいかもしれません。

場合によっては休日返上もある

まだ経験が浅い場合、失敗できないというプレッシャーから、休日であっても出勤してプランを練り直したり、書類を作成したりする人も多くいます。

新郎新婦は式を開くにあたって多くの要望があったり、不安を抱えていたりします。相手が人間だけに、こちらの都合だけで物事進められない場合もあります。

たとえば、衣装合わせが相手の仕事の都合でどうしても自分の休日と被ってしまえば、休日返上となります。

新郎新婦の幸せを願い、最高の挙式をプロデュースしている立場である以上、優先順位は相手になるのがこの仕事です。

もちろん、上手に仕事を調整できるようになれば、休日もしっかりリラックスして取ることができるようになるので心配はいりません。

ですが、「決まった日に必ず休みを取りたい」という人は続けていくことが難しい仕事かもしれません。

仕事体験談