トリマーの給料・年収

トリマーの年収は?

トリマーの給料は、地域によっても変わりますが、正社員の場合で月に14万〜20万円ほど。初任給は平均して15万円前後となります。

賞与がない場合は、年収にして180万〜250万円前後。人気店で月給そのものが高かったり、賞与や特別手当がついていたりすると、年収で300万〜500万円前後となります。

トリマーは個人経営の店に雇われることが多いため、福利厚生が整っていない、収入が不安定というケースも多いようです。

就職の際には、給与額だけではなく、社会保険などの待遇面も確認しておいた方がよいしょう。

大手チェーン店に勤めれば、より安定した働き方ができるという考え方もあります。

しかし、店によってはノルマが課せられたり、トリミング以外の仕事(販売など)まで任されることもあるため、給料や待遇以外の面も含め、総合的に判断して就職先を選ぶことが大切です。

自分がどうなりたいかを考える

いずれにせよ、トリマーの給料はそこまで恵まれていないというのが現状です。この仕事に就く人みんなが安定して高収入が望める仕事というわけではありません。

勤務先の店舗や地域、経験やスキルによって給料は異なりますが、収入が低いことを理由に、トリマーの道を諦めてしまう人もいます。

とくに下積み期間中は、他の仕事と比べても安い給料での生活を強いられるケースがあります。

それでいて、一日中立ち仕事をするため体力を要したり、「接客」という面から対人ストレスもあるなど、決して楽な仕事ではありません。

「絶対にトリマーとして働きたい」という強い気持ちがなければ、仕事を続けるのは難しいはずです。

どうすれば給料アップが望める?

給料アップを望んでいるトリマーはたくさんいますが、なかなか実現しないというのが現状です。

トリミングは手作業のため、ペットの安全確保を考えると、作業のスピードをアップしてたくさんの犬猫を受け入れて売り上げを増やすというわけにもいきません。

トリミングの単価を上げたり、店舗の経費を削減したりして抜本的な改革をしなければ、売上アップが見込めないという店が多いのです。

厳しい環境ではありますが、もし給料アップを考えるのならば、経験を積んだのちに独立するという道があります。

独立する場合、店舗を構えるのが一般的ですが、最近では車を使って出張トリマーを行うという初期投資の少ない働き方を選ぶ人も増えています。

自分の腕やアイディア次第で、大幅な収入アップが見込めるかもしれません。

ただし、独立は簡単なことではありません。「高い技術力」がない人や、お客さまからの「信頼」を集めることができなければ、いくら独立しても成功は難しいです。

正社員以外の給料

トリマーは正社員としての採用以外に、契約社員やアルバイトとしての雇用も多く、とくにアルバイトでの採用は募集がたくさんあります。

トリミングの仕事はどうしても土日祝日や長期休暇に集中するため、忙しい日だけ出勤してくれる人を探している店が多いのです。

こうした求人を探せば、正社員を辞めてからも長期的にトリマーとして働くことは可能です。

地域にもよりますが、アルバイトや派遣社員の時給は750円〜1200円ほどが一般的です。トリマーは専門知識と技術を要する仕事ですが、他の職業のアルバイトとさほど変わりないというのが実情です。

このエントリーをはてなブックマークに追加