ソムリエのやりがい

地味な仕事も楽しもう

ソムリエの仕事というのは、一流レストランやホテルなどでお客さまをもてなす華やかでかっこいい職業に見えるかもしれません。

けれども実際は、地道な努力や見えない部分での地味な作業などもたくさんあるのがソムリエの仕事です。

たとえば、ワインの在庫管理や仕入れ作業、ワインの保存管理、ワインセラーの清掃、最新のワイン情報の収集や勉強などもソムリエの仕事の一環です。

お客さまの前でサーブする場面よりも、実はこうした裏方のような仕事のほうが多いのがソムリエの実際です。

こうした部分にいかにやりがいを感じることができるかが、一流のソムリエになれるかどうかの分かれ目といってもよいでしょう。

お客さまのために働くということ

とはいえ、ソムリエとしてやりがいを感じるのはやはりお客さまへのもてなしがうまくいったときでしょう。

おすすめしたワインをお客さまが喜んで飲んでくれたとき、お客さまにとっての最高の思い出を作るサポートができたとき、ソムリエとして働いていて本当によかったと感じるはずです。

ただ、こうした喜びを感じるためには、日頃の努力と地道な作業の積み重ねが必要不可欠です。

細かな配慮でお客さまを笑顔に

一流のソムリエというのは、その日の気温や湿度、お客さまの体調なども考慮してワインを提供するといわれています。

味覚というのは人それぞれであり、気温、湿度、体調によっても変化するとされています。

こうした細かな部分にまで配慮したうえで提供したワインをお客さまが笑顔で飲んでくれたときもまたソムリエとしての喜びを感じることができるでしょう。

ソムリエとしての心構え

ソムリエというのは、ワインに関する知識や技術をお客さまに披露するための仕事ではなく、磨きに磨いた技術や知識を持ってお客さまに最高の時間を提供するための仕事です。

そこにいかにやりがいを見出せるかどうかが、ソムリエとしての本質を決めるともいえるでしょう。