消防士の仕事内容

消防士の主な任務

消防士(消防官)は、地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災の消火や救急によって、人々の安全を守る仕事です。

消防士は「消火」、「救助」、「救急」、「防災」、「予防」の5つの活動が主な任務となります。

消火活動

みなさんもよくご存じの火を消す仕事です。

火災の通報を受けて、現場にいち早く出動し、火災現場からの出火をくい止めると同時に、現場や近隣などからの人命救助を実践します。

また延焼を最小限に抑えるため、出火状況や風向きなどを素早く把握し行動に移します。

非常に危険のともなう状況がつづくので、周辺の見物人を安全な場所へ後退させたり、消火の妨げとなる活動現場の障害物を取り除いたりするのも重要な仕事となります。

火災の件数は、それほど多いものではありませんが、日頃から訓練を重ね、すぐに火災現場に駆けつけられるように常に出動の準備をしています。

救急活動

119番の通報を受けて、交通事故をはじめ、一般事故(転落事故など交通事故以外のもの)によってケガを負った人、また急病人に対して応急手当てを施し、医療機関に搬送する任務です。

救急車には3人が乗車し、うち一人は救急救命士の資格を持っていることが一般的です。

現場における応急手当は、高度な処置と的確な判断が必要となるため、資格をもつ救急救命士が同乗し処置にあたります。

救急救命士の仕事

救助活動

災害現場などで人命を救助します。火事、交通事故、山の崩落地、河川が主な活動現場となります。

火災現場では、逃げ後れた人を救助します。交通事故の現場では、車にはさまれたり閉じ込められたりした人を助け出します。

現場到着と同時に速やかに救出活動を行い、関係各所と連携して人命救助にあたります。

山の崩落現場では、崖崩れで生き埋めになった人、土砂の下敷きになった車両から人を助け出すことが任務となります。

また、夏場に多い河川地域での水難事故では、川遊びをしていて溺れた子どもたちや、釣りをしていて中州に取り残された人などを救助します。

防災活動

火災が起きないように、啓蒙活動を行います。災害を未然に防ぎ、被害を最小限にくい止めるために不可欠な任務です。

万一の事態に備えて、地域住民の防災に対する意識を高めると同時に、基本的な行動や避難路を知ってもらうため、町会・自治会を中心に、消火器や起震車などを活用して初期消火、身体防護、救出・救護等の訓練・指導を行います。

小学校などで防災訓練を行うこともあります。

そのほか、火災や地震のレベルを想定したり、地域の地形に基づく被災パターンを想定したり、地域ごとの実状にあった訓練を行っていきます。

予防活動

建物の防火上の安全性や消防用設備等の設置について、現場の実状を厳格に審査・検査し、その結果に基づく指導を行う業務です。

竣工後の用途変更にともなう際にも同様の審査・検査・指導を実施し、建築物の防火と安全確保に努めます。

工事中や竣工時には、実際に建築現場に出向き、施工状態を確認したり、防火に対する基準を満たしているかなどを厳しく検査します。

事務作業をするスタッフも

通報を受けて出動する隊員だけでなく、消防署にはデスクワークのみの事務職のスタッフも多数います。

書類を作成したり、経理や給与計算を行ったりといった事務作業を行います。

消防署には裏方で署内のスタッフをサポートする黒子役のスタッフもたくさんいるのです。

消防職団員の出動及び出向状況

消防士の出動回数で最も多いのは救急です。

一般のイメージと異なり、火災で出動する回数はそれほど多くはありません。その代わり火災防止のための予防査察や広報・指導の出向回数は多くなっています。

消防職団員の出勤及び出向調査23のグラフ