消防士採用面接試験について

消防士採用試験における面接とは

消防士の採用試験では、大きく分けて「筆記試験」「体力試験(身体検査)」「面接試験」の3種類の試験が行われています。

たとえば東京都の場合、第1次試験として筆記試験が、第2次試験として身体・体力検査と口述試験が実施されていますが、この場合は口述試験というのがいわゆる面接にあたります。

面接は、どの自治体の消防士採用試験においても合否を判断する重要な試験となっています。ここでは、その面接の内容について説明します。

面接試験の流れ・内容

面接試験の流れは、だいたい以下のようにあんっています。

まず、受験生には面接に先立って「面接カード」が配られます。

このカードには必要事項を書き込む欄と併せて面接官からの質問事項が記されています。面接の順番がまわってくるまで、質問事項に対する答え方をイメージしておきましょう。

すべてを質問されるわけではありませんが、下記はその一例となるものです。

・消防官を志望した動機は
・消防に入ってどんな仕事をしたいか
・希望の職種に就けなかったらどうする
・ボランティア活動についてどう思うか
・受験に際して両親の意見は
・消防学校は全寮制だが大丈夫か
・周りとの人間関係などうまくやっていけるか
・他の消防本部の採用試験を受験したか
・なぜ○○消防本部を希望したのか
・○○市について知っていることは
・卒論のテーマを簡潔に
・あなたの性格についてどう思うか
・具体的に長所・短所をあげるとしたら
・友人はあなたのことをどう思っているか
・学校でのクラブ活動は
・これまでに受賞歴などはあるか
・これまでに違反歴はあるか

面接のポイント

面接を通じて判断される最も大きなポイントは「消防士としてふさわしい人物かどうか」ということです。

過酷な現場で人命救助に携わる消防士は、ものすごく重い責任と使命を抱えて働くことになります。

見た目や言葉遣いからだらしなさを見せてしまったり、軽率な印象を残してしまったりすれば、その時点で合格はほぼ難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

面接官の質問には明るくハキハキと答え、誠実かつ真面目な印象を与えることが大切です。もちろん、先に挙げたような質問例に対して自分なりの考えをきちんと述べられる準備をしておくことも欠かせません。