社会保険労務士の就職先、活躍の場

社会保険労務士は、企業や事務所などに勤務して働く人と、独立して働く人の2通りに分けることができます。

ここでは、社会保険労務士のさまざまな活躍の場について見ていきましょう。

社会保険労務士事務所で活躍

ひとつめは、法律関係の事務所です。全国の社会保険労務士事務所や法律事務所などで、法人・個人を相手に法律の相談にのったり、指導をしたりするのが仕事になります。

相談内容は、賃金体系のことから労災のこと、年金のことまでさまざまです。

このような社会保険労務士事務所への就職は、全国各地にある社会保険労務士会からの紹介で成り立つことも多く、社会保険労務士をめざす人にとって非常にオーソドックスな就職先のひとつといえます。

ただし、求人数は多くはないので、資格があるからといって、簡単に就職できるわけではありません。

企業やコンサルティング会社での活躍

ふたつめの活躍の場は、企業の総務部や人事部です。社会保険労務士ならではの専門知識を活かして、給料や健康保険料の計算や、福利厚生の仕組み作りに携わることができます。

企業としては、社会保険労務士の資格を持つ社員が総務部や人事部にいると、外部から社会保険労務士を雇う必要がなくなるので、コストダウンにつながります。

そのため、事務職の社員を募集する際に、社会保険労務士の資格取得者を積極的に雇う企業もあります。

こうした場合、資格取得者として毎月の給料にプラスして多少の手当てがつくこともあります。

ただし、企業が社会保険労務士を募集する場合、資格があるだけでは就職が難しく、実務経験が求められるケースが多いようです。

さらに、コンサルティング会社にも活躍の場があります。企業に人事や労務のアドバイスを行うことで、企業の雇用に関するコストを見直したり、社会的な信頼が得られる雇用体制を作ったりすることの手助けをします。

社会保険労務士は、仕事を通して企業の経営に間接的に携わることも可能です。

独立して働く人も

社会保険労務士の資格を取得し、全国社会保険労務士会連合会に社会保険労務士として登録すれば、企業で勤めるだけではなく独立して働くことも可能です。

ただし、年金関係や労働保険関係の法律は複雑であり、実務経験がないまま個人で仕事をするのは極めて難しいといわれています。

そのため、まずは企業や社会保険労務士事務所に勤務して経験を積み、ノウハウを積んで人脈を作ってから独立という流れが一般的です。