社会福祉主事の仕事内容、役割

社会生活を送るのが困難な人の援助業務を行う

社会福祉主事は、福祉事務所や公立の福祉施設などで主に相談援助業務に携わる公務員のことをいい、「ケースワーカー」とも呼ばれます。

社会福祉主事として働くためには、「社会福祉主事任用資格」を得たうえで、公務員試験に合格して関連する職場へ配属される必要があります。

具体的な仕事内容は、高齢や病気、障害、貧困などの理由によって社会生活を送るのが困難な人の相談にのり、必要に応じて医療機関や養護施設などの関連機関と連携を図りながら、必要な援助を行うことです。

たとえば、高齢によって一人で日常生活を送れない人には介護施設の利用や入所に関わるサポートをしたり、病気や障害によって収入が得られない人に対しては生活保護に関する説明や手続きをするなど、さまざまな社会福祉に関するサービスや制度の情報を提供しながら、対象者を支援します。

勤務先・活躍の場

社会福祉主事の最も代表的な勤務先は、福祉事務所です。

福祉事務所とは、「生活保護法」「児童福祉法」「母子及び寡婦福祉法」に定められた援護等の事務を行う社会福祉行政機関で、生活支援の相談窓口としての役割を果たします。

都道府県と市(特別区を含む)には設置が義務付けられており、町村でも一部設置されているところがあります。

この社会福祉事務所では、現業およびその指導監督を行えるのは社会福祉主事のみとなっています。

そのほか、福祉事務所以外の公的な福祉施設で勤務する人もいます。

民間の施設で働く人も

一般的に、「社会福祉主事」というときは、社会福祉主事の任用資格を得たうえで公的な施設で働く公務員のことを指しますが、民間の福祉施設においても社会福祉主事任用資格を持っている人が「生活相談員」といった肩書きで働く場合もあります。

その場合、施設の入退所の手続きや、援助計画の立案、本人や家族からの生活相談などが主な業務となります。