スクールカウンセラーの仕事内容

学校の問題に立ち向かうため

「スクールカウンセラー」は、学校に通う年齢の子どもたちの心のケアを行う専門家のことです。

ひと昔前の日本にはこのような職業はなく、学校で何か問題を抱えた生徒がいれば、教師か地域の大人たちが解決のために力を貸すというのが当たり前でした。

しかし、いじめが深刻化して自殺してしまう子どもがいることや心の問題から学校に通うのをやめてしまう不登校児童が増えていることを問題視する動きが高まり、平成7年度から文部科学省が全国の学校に心の専門家を配置するよう力を入れるようになりました。

この専門家こそが「スクールカウンセラー」と呼ばれる人たちです。

児童の心を丁寧にケア

スクールカウンセラーの主な仕事は、子どもたちの悩みをしっかりと聞いて気持ちを受け止め、問題を解決させるためのアドバイスをしたり働きかけをしたりすることです。

子どもの置かれている環境や悩みの深さには個人差があり、

「受験勉強が上手くいかずストレスがたまっているので、愚痴を聞いてもらいたい」

というケースから

「深刻ないじめにあっていて自殺を考えるほど思い悩んでいるので、問題の解決に力を貸してほしい」

というケースまでさまざまです。

スクールカウンセラーはその一人ひとりの状況や悩みを把握したうえで、話を聞いたり、アドバイスをしたり、ときには心のケアに向けて本格的な治療をすることを促したりします。

教師や保護者との連携も

スクールカウンセラーが関わるのは子どもたちだけではありません。

子どもが一人で思いつめているときというのは、多くの場合は周りの教師や保護者にも何らかの責任があるものです。

クラスや部活動のなかで深刻ないじめが起きているのに教師が気付いていないこともありますし、家庭内の不和で子どもがストレスを抱えていることを親が理解していないこともあります。

スクールカウンセラーは、必要に応じて教師や保護者にも働きかけて、問題を解決させるための糸口を一緒に探すという重要な役割を果たします。