産業カウンセラーのつらいこと、大変なこと、苦労

組織の中で悪戦苦闘

産業カウンセラーの役割は、組織の中で悩んでいる人に寄り添い、問題が解決するように後押しすることです。

しかし、このためには組織内のさまざまな人間に働きかけなければいけないので、一筋縄ではいかないことが多くあります。

たとえば、上司からのセクハラで悩んでいる女性会社員からの相談を受けた場合。

本人の話を聞き出し、必要な言葉をかけるためのカウンセリングを行うだけではなかなか問題は解決できません。

周囲の人からも話を聞かなければセクハラの実態がわからないこともありますし、本人の心の傷が深ければ休職や配置転換ができないかどうか、人事担当者や産業医も交えて対策を考えなければいけないこともあります。

もちろん、セクハラ行為を行ったとされる上司本人からも話を聞く必要があるでしょう。

このように多くの人に働きかけて事情を調査するなかでは、話に食い違いがあったり保身のために嘘をつく人間がいたりとさまざまなことが起こります。

ときには組織ぐるみで問題を隠蔽しようとするような悪質なこともあり、産業カウンセラーの立場としては非常に判断が難しい状況になることもあるのです。

いつも正義感を貫きながら、臨機応変に判断して相談者に寄り添うことが求められるので、気苦労も多い職業です。

救えなかったときの苦悩

産業カウンセラーにとって一番つらいのは、「悩んでいる人を救えなかったとき」です。

相談者のなかには、メンタルヘルスの問題から出社拒否をしている人や自殺願望がある人もいます。

あるいは組織内でのキャリアの形成がうまくいかずに、不本意ながらも退職をしようかと悩んでいる人もいます。

産業カウンセラーとしては相談者がもう一度生き生きと働けるようにさまざまな手段で向き合うことになりますが、いつも思い通りの結果になるとは限りません。

心の病が進行してしまって長期的に働けなくなったり、退社してしまったりというケースもあるのです。

自分を頼ってくれた人を救えなかったときの苦悩は大きく、これは産業カウンセラーならではの大変なことといってもよいでしょう。