裁判所事務官のやりがい

裁判所事務官にとっての「やりがい」とはなんでしょうか。人それぞれ魅力を感じる部分は違って当然です。しかし、社会的に果たす役割は大きく、完璧実力主義で昇進も可能という点が「やりがい」だといえます。

裁判の社会的意義の大きさ

ほとんどの人にとって、裁判というのはやはり遠い存在です。しかし、人生を左右するような大きな場面で直面するのが「訴訟」です。

裁判は社会的な不具合を調整するためのメカニズムです。裁判所事務官は、いろんな側面から裁判をサポートする職業です。事務官がいなければ、裁判をスムーズに進めることはできません。

社会的に重要性が高いシステムに携わることができるから、やりがいもそれだけ大きいと言えるでしょう。

その分、責任も大きく日々勉強をしなければならないということはしっかり理解しておくことが必要です。

いろんな形で昇進が可能

裁判所事務官は、試験を受けることで裁判所書記官へとキャリアアップすることができます。その後も、努力次第で簡裁判時や副検事など、さまざまなポストに転身することが可能です。

このように、試験で昇進することができる公務員はそれほど多くありません。

法律や規則は日々変わるので、勉強は大変です。しかし「やればやるほど得られるものは大きい職業」ということができます。

このように、裁判所事務官は日常の勉強・仕事のプレッシャーが意外と大変です。ですが、その分「やりがい」や「楽しさ」も感じることもできる仕事です。

仕事体験談