陸上選手になるには

日本陸上連盟に会員登録する

高校や大学を卒業しても、陸上選手として競技生活を続けるには2つの条件を満たす必要があります。

一つは、日本陸上連盟に会員登録することです。会員登録の方法には、団体登録と個人登録があります。

団体登録をするには、各都道府県の陸上連盟に所属する団体に入っている必要があります。通常、実業団の陸上部やクラブチームに所属している人は、チームで団体登録されます。

個人登録は、居住する都道府県の陸上連盟に申請すれば、だれでも登録できます。自己記録などの制限もありません。

日本陸連に会員登録しなければ、日本陸連の公認大会に出場できません。公認大会に出場しなければ、記録も公認されません。

また、どんなに素晴らしい記録を出しても、日本代表として国際大会に出場することができません。

活動資金と生活費を稼ぐ

陸上選手として競技生活を続けるための2つめの条件は、選手としての活動資金や生活費が用意できることです。

トップ選手として競技生活を続けるには、ふだんの生活費に加え、遠征費や合宿費、さらにはコーチやトレーナーとの契約費用など、それなりの費用がかかります。

プロの陸上選手とは、そうした費用を大会の賞金で稼ごうという人たちです。

世界各地の賞金レースに出場して、競技生活を続けるだけの賞金を稼ごうとすれば、その種目で世界のトップクラスの実力が必要です。

企業の陸上部に所属

企業の陸上部に所属すると、社員として給料をもらえます。それを自分の生活費にあてることができます。

また、陸上競技にかかる費用は、ほとんど企業で払ってくれます。しかも、会社での仕事量も制限されていますので、恵まれた環境で陸上競技に集中できます。

陸上部をもつ企業に就職するには、インターハイやインカレ、国体、日本選手権といった大きな大会で、好記録を出しておくことが必要です。

少なくともインターハイやインカレに出場するレベルでなければ、なかなか採用されません。

高校や大学への進学事情

陸上競技の場合、その選手の実力は記録として現れます。記録がよければ、出身高校や大学は、将来や就職に関係はありません。

しかし、陸上競技で有名な高校や大学は、指導者がしっかりしていることが多いものです。また、インターハイやインカレの常連校なら、陸上関係者の目に止まる機会も増えます。

陸上競技で有名な高校や大学に進学しておくのも、陸上選手になる1つの方法です。

陸上競技で有名な高校や大学へ進学して陸上部に入るには、中学や高校で、全国大会レベルか、少なくとも都道府県レベルの記録を出しておくことが必要です。

たいてい好記録保持者は推薦枠があり、推薦されれば確実に入学できます。

もちろん記録が平凡でも、一般受験で合格して陸上部に入るという方法はあります。