パイロットの志望動機

飛行機が好き

パイロットの志望動機はさまざまでも、多くの人にとってその原点となるのは単純に「飛行機が好き」というものです。

子どもの頃から空港で飛行機を眺めるのが好きだったり、空を飛ぶことに興味があったりして、自分でもいつか操縦してみたいと思ったことが、目指すきっかけになっているようです。

難しい仕事に挑戦してみたい

パイロットは夢のある職業です。しかし、スポーツ選手と同じように、誰でもが憧れだけでなれるものではありません。

厳しい身体条件や適正判断などもありますし、それらをクリアしても一人前になるには何年も勉強や訓練を続けていかなければなりません。そんな専門技術を要する難しい仕事だからこそ、あえて逃げずに挑戦してみたいと考える人もいます。

海外に行くのが好き

飛行機で空を飛ぶだけでなく、さらにいろいろな国に行って海外の人とコミュニケーションをとったり、知らないものを見たりするのが好きな人も多いです。

パイロットになれば仕事でさまざまな土地に行けるので、海外が好きな人にとってはそれだけでもワクワクしてしまうでしょう。

志望動機を考えるにあたって

採用試験では必ず志望動機が問われますが、これに正解はありません。おそらく、ほとんどの人は「憧れの気持ち」からパイロットを目指したいと思ったのではないでしょうか。

その想いや情熱は何よりも大切なものです。面接官は毎年たくさんの受験生の志望動機を聞いています。その心に響くよう、できるだけ自分の言葉で素直に伝えると良いでしょう。