パン職人になるための学校

特別な学歴は必要なし

パン職人になるためには、特別な学歴は必要ありません。義務教育を卒業してすぐに就職して現場で働くことが可能です。

また、パン屋や工場に従業員として雇われる場合は特別な資格は必要ありませんし、開業する場合は「菓子製造業許可」や「飲食店営業許可」「食品衛生責任者」などを取得すれば店を開くことができます。

しかし、実際のところ、パン職人になるためにはさまざまな知識や技術が必要です。

生地を上手に発酵させるためには温度や湿度を見極めながら細やかな調整を行わなければいけませんし、オーブンやミキサー等の機械の使い方や新商品の開発のコツ、販売戦略の立て方まで、幅広い分野に詳しくなければいけません。

こうしたことを効率よく学ぶための場所として、全国各地に製パンの専門学校があります。平均的には1〜2年の履修期間で、実習や座学などさまざまな授業を経て、パンに関する基本的なノウハウを学ぶことができます。

気軽に学べるパン教室や通信講座も

住んでいる土地にはパン作りを学べる専門学校がない、という場合は、もっと気軽に通うことができるパン教室や通信講座でパン作りについて勉強することもできます。

パン教室は町のパン屋が主催していることもあれば、専門学校の講師や料理教室の先生が単独で教室を開いていることもあります。

通信講座の場合はテキストやDVD、タブレット端末での動画配信などでパン作りのコツを学ぶことになります。

パン職人をめざす上で何よりも大切なのは、技術をしっかりと身につけることです。費用や時間との兼ね合いも考えながら、自分にとってどんなスタイルで学ぶことがベストなのかを考えて学校を選ぶことが大切です。

仕事体験談