農家の資格

農家資格とは

農家には医師のような国家資格はありませんが、たとえば家庭菜園でミニトマトを育てたら農家かというとそうではないでしょう。

農林水産省によりますと、農家とは「経営耕地面積が10アール以上の農業を営む世帯または農産物販売金額が年間15万円以上ある世帯」のことです。

さらに「自給的農家」ではなく「販売農家」であるためには「経営耕地面積30アール以上または農産物販売金額が年間50万円以上」でなければなりません。

雇用就農者なら勤務先になりますが自営就農者や新規参入者であれば個人または法人で30アール(3,000平方メートル、約3反)以上の農地が必要であるといえるでしょう。

ところが農地法の第3条により、農地を買ったり借りたりする場合には市町村農業委員会の許可が必要であり、基本的にはすでに農家であるか、これから農家になること、すなわち「農家資格」が条件とされます。

「農家資格」とは市町村農業委員会によって「農地基本台帳」に登録され、一定規模以上を耕作していることです。

新規就農するときは、まず市町村農業委員会に「認定申請書」や「営農計画書」などを提出し、許可されると「農家資格」が得られるので、農地を買ったり借りたりできるようになるのです。

農家に必要な資格や免許

そのほか実際に農家として働くうえで、ほとんど必須ともいえる資格や免許もあります。

まず運搬や移動のために「普通自動車運転免許」は不可欠で、経営規模によっては「大型特殊自動車運転免許(農耕車限定)」や「けん引免許(農耕車限定)」が必要な場合もあります。

ボイラーのあるハウス栽培を行う場合は、重油をあつかうことになるので総務省の認定する「危険物取扱者(乙種第4類)」という国家資格を取得する必要があります。

農薬をつかう場合は都道府県の認定する「毒物劇物取扱責任者(農業用品目または一般)という国家資格を取得するべきでしょう。

無人ヘリコプターをつかって農薬散布する場合は、社団法人「農林水産航空協会」による民間資格「産業用無人ヘリコプター技能認定」などを受ける必要があるようです。

花き農家ならば技能検定制度の「フラワー装飾(フラワー装飾作業)」といった国家資格があります。

牛、馬、豚、めん羊、山羊などの家畜をあつかう畜産農家であれば、都道府県による免許制の「家畜商」という公的資格が必須でしょう。

また農林水産省が認定し都道府県による免許制の「家畜人工受精師」という国家資格や、公益社団法人「日本装削蹄協会」による「認定牛削蹄師」といった民間資格などもあります。

さらには特別民間法人「全国農業会議所」の認定する「日本農業技術検定」という民間資格や、財団法人「日本ビジネス技能検定協会」の認定する「農業簿記検定」といった民間資格もあります。

農業関連の学校に通うことで取得できたり、受験資格が優遇されたりする資格もありますので、それぞれ必要に応じて検討してみましょう。

仕事体験談