農家のつらいこと、大変なこと、苦労

雨にも負けず、風にも負けず

農家の大変なところは、自然を相手にする仕事なので、人間の力ではコントロールできないということです。

毎日の作業は常に、暑さや寒さとの戦いです。夏の暑いなか、直射日光に照らされながら草むしりなどの畑の手入れをすることもあれば、ビニールハウスのなかで汗だくになりながら苗を植えつけることもあります。

また、冬の寒いなか、朝早くから起きだして収穫をすることもあります。常に空調施設の整った屋内で仕事ができる会社員とは、働く環境が根本から違うのです。

このように、自然のなかでの作業となるため、農業はどうしても体力仕事になります。

また、立ちっぱなしの仕事や中腰での仕事も多いため、慣れないうちは一日が終わる頃にはぐったりしてしまうそうです。

農家をめざすのであれば、ある程度タフであることが求められます。

つらい自然災害にも負けず

農家にとって最もダメージが大きいのは、自然災害です。激しい台風や大雨によって、大事に育ててきた農作物に大きな被害をもたらされてしまいます。

これは早い段階で予見することもできなければ、どれだけ気をつけていても自然の猛威が激しければ作物を守りきれないことがあり、まさに人間の力ではまったくコントロールできないのが現状です。

農家にとって、丹念に育ててきた畑や田んぼを一瞬にして壊されてしまうのはとても悔しいことですし、その農作物が売り物にならなければ、一年間の収入にも大きなダメージを受けることになります。

それでもまた来年に向かって、もう一度立て直すしかありません。

自然の猛威にどれだけ無力感を感じても、「来年こそは!」という強い気持ちで立ち向かうことが、自然とともに生きる農家にとってはとても大切なことなのです。

仕事体験談