日本語教師養成420時間コースとは?

日本語教師養成420時間コースとは

日本語教師養成講座を持つスクールでは、基本的に、文化庁の指針に沿ったシラバスで日本語教師の養成が行われています。

日本語教師養成420時間コースは、文部科学省の外局行政機関である文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」の指針に沿った養成講座のことをいいます。

日本語教師養成講座を持つスクールでは、基本的に、この文化庁の指針に沿ったシラバスで日本語教師の養成を行っています。

この日本語教師養成420時間コースをしているか、日本語能力試験対策に合格していることを、採用の条件としている日本語教室がほとんどです。

日本語教師になるには

日本語教師ガイドラインの内容とは

平成12年(2000年)3月、文化庁の日本語教育養成に関する調査研究協力者会議報告「日本語教育のための教員養成について」の中で指針されたガイドラインでは、学習領域は、コミュニケーションを核として、大きく3つの領域に分けられます。

3つの領域とは、「社会・文化に関わる領域」「教育に関わる領域」「言語に関わる領域」から成り立ち、また、その3つの領域は5つの区分(「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」)に分けられています。

さらに、教育内容を細目をイメージして区分が設けられ、各々の区分にキーワードが設定されています。

スクールの420時間コースとは

では、実際にスクールで行われている日本語教師養成420時間コースの一例を見てみましょう。

期間は6カ月から1年半ぐらい。大抵のスクールでは、コースは、基礎理論講座から始まります。まずは、日本語教師として必須の専門的知識を学びます。

教科は、「音声学」「文法」「言語学」「歴史」など。基礎理論を学んだ後の次の段階はその応用を学習するパターンがあります。そして、最後に教育実習をして総仕上げ。外国人を対象に、授業のシミュレーションを行うのです。

仕事体験談