日本語教師の雇用形態

国内の日本語教師の雇用形態 日本語教師の雇用形態は、正規社員、契約社員、派遣社員、パート社員、アルバイトなどに分類されます。この中で、正規社員は最も労働条件がよく安定しています。 日本語教師の場合、学校と直接雇用契約を結 … 続きを読む

副業としての日本語教師

ダブルワークと日本語教師 非常勤講師として働く人が多い日本語教師は、どうしても安定した収入を見込みにくい面があります。 そのため、非常勤の場合は仕事をかけもちして、この仕事を続ける人も少なくありません。 とくに若い日本語 … 続きを読む

アルバイトの日本語教師

アルバイト・パートの求人も多い 日本語教師の求人を探してみると、「アルバイト・パート」という雇用形態が目立つことに気付きます。 もちろん、正社員として働くこともできる職業ですが、現場ではアルバイトやパートで働く人も多く、 … 続きを読む

正社員の日本語教師

正社員以外の形で働く人も多い 日本語教師の代表的な活躍の場として民間の日本語学校が挙げられますが、そこでは正社員としての雇用形態のほか、アルバイト・パートとして働く人も少なくありません。 日本語学校では、正社員の場合は「 … 続きを読む