日本語教師の職業訓練コース

日本語教師の職業訓練コースとは

失業した人を対象とするハローワークの求職者支援訓練には、日本語教師を目指すためのコースが用意されています。

一般に、日本語教師になろうとする場合、多くの人は大半の日本語学校の採用条件となっている「日本語教師養成420時間講座を修了する」か「日本語教育検定試験への合格」を目指します。

しかし、民間スクールで開講されているこれらに関する講座は費用がかかり、だいたい50万円前後、高額なものだと100万円近くになることもあります。

一方、職業訓練としての日本語教師養成講座は教材代のみでの受講が可能となっています。

養成講座を最後まで受講し修了証をもらえば、一般のスクールに通った場合と同様、立派な資格として履歴書などに書くこともできます。

コースの内容と特徴

職業訓練としての日本語教師養成講座は民間委託されており、一般のスクールで開講されている日本語教師養成講座と同じ内容のものを受けることができます。

受講するのは求職者の人たち、つまり次の仕事に就くために勉強をしてスキルを身につけたいと考える人が中心です。

日本語教師の職業訓練コースは内容が濃く、たいていは半年間ほどかけて、週に5日程度、朝から夕方近くまでみっちりと勉強することになります。

受講の際の注意点

格安で日本語教師を目指せる職業訓練コースはかなり人気が高く、定員オーバーになることも珍しくないようです。

その場合、面接などによって選抜されるため、必ずしも受講できるとは限りません。

また、日本語教師の職業訓練コースはいくつか制約事項もあります。

たとえば、一般のスクールではよくある授業の振替制度はないため、あらかじめ決められている日程で授業を受ける必要があります。

さらに、日本語教師は非常勤での求人が多く、コースをきちんと修了してもすぐ正社員としての就職先が見つかるとは限りません。

その後も勉強を続けて何年もスキルアップに励むことで、ようやく正社員になる人も大勢います。

継続的な努力が求められるため、本当に日本語教師になりたいのかを自分に問いかけておく必要があるといえるでしょう。

仕事体験談