日本語教師の雇用形態

国内の日本語教師の雇用形態

日本語教師の雇用形態は、正規社員、契約社員、派遣社員、パート社員、アルバイトなどに分類されます。この中で、正規社員は最も労働条件がよく安定しています。

日本語教師の場合、学校と直接雇用契約を結んで働く、常勤講師が正規社員にあたります。

常勤講師の中には、学校と雇用期間を取り交わして働く契約社員の雇用形態で働く人もいます。契約社員は正規社員と毎月の給料や勤務時間は変わらず、社会保険も完備されていることが一般的です。

しかし、現在のところ日本語教師として働いている人たちは、パートやアルバイトなどで働く非常勤講師が大半です。非常勤講師は労働時間が少なく、賃金は時給で支給されます。

海外の日本語教師の雇用形態

海外の日本語学校の多くは、常勤の日本語教師を探しているようです。雇用契約を結ぶときに、どれくらいの滞在許可または労働許可が得られるのかしっかりと確認することがとても大切です。

国内の日本語教師とは違い、いろいろな面で自己管理することを心がけなくてはいけません。非常勤で雇用契約を交わしたはずが、教師の数が足りなくなったとの理由で、本人の知らないうちに、突然次の日から常勤になっていたなど、海外では思いもよらないような出来事が起こりうるのです。

現地にある日本人会や日本語教師の集まり、途上国であればJICAとのつながりを持つなどして、その国の情報に敏感である必要があります。

どんなふうに働きたいのか

日本語教師の勤務先は、主に日本語学校か大学(留学センターや教師養成等)などです。

仕事選びは、自分がその仕事を得られるかどうか、日本語教師自身のキャリアパスと照らし合わせることからスタートします。

まだ、日本語教師として授業を一人で行う自信がなければ、アシスタントやアルバイトといった勤務形態を選ぶのもひとつの手です。

一方で家族を養わなくてはいけないのであれば、常勤講師を探した方がよいでしょう。しかし、常勤講師になる努力をどんなにしても、空きがなくては働く場がありません。

非常勤講師であれば、日本語学校からの求人も少なくないので、非常勤講師として働きながら、常勤講師の空きを待つのも一つの手段です。どんな雇用形態にせよ、まずは働き口を見つけて経験を重ねていくことが必要となるでしょう。

仕事体験談