日本語教師の勤務時間

国内の日本語教師の勤務時間

常勤か非常勤かで、勤務時間は異なります。日本語学校に常勤で働く場合は、平日の午前9時から午後15時までなど、時間帯は学校によりますが、1日8時間の枠で働きます。

非常勤であれば、週に2日、3日の出勤で、勤務時間も半日と短く、担当のコマ数のみをこなします。

また、プライベートレッスン専門の学校や在宅オンライン(在宅でスカイプを使っての指導)など、日本語教師の働き方は多様化しています。

常勤であっても、非常勤であっても、授業のコマ数だけが日本語教師の業務ではなく、事前準備やテストの作成・添削、文書管理など多々あります。日本語教師は、勤務時間が終わっても、仕事を家に持ち帰ってまた仕事ということが多いようです。

海外の日本語教師の勤務時間

海外からの求人例を挙げると、例えば、中国のある学校では1週20コマ以内(1コマ40分)、ベトナムの学校では1週間に15コマ(1コマ60分)など、週のコマ数は学校によって異なります。最大時間月60時間程度といったような勤務時間の大まかな求人もあります。

授業だけではなく、電話対応の業務や事務などが条件に加わる場合があります。

常勤であっても、勤務先が大学であれば、コマをこなせばよく、特に勤務時間が決まっていないところもありますし、規定の時間の枠で働く場合もあります。

国によっては労働基準の規制がゆるく、よい意味でゆったりと働けますが、労働者側を守る法律がないともいえ、働きものの日本人は、気付いたら無償で現地の日本語教師より過剰に働き、疲れきってしまう人もいるようです。

多忙な日本語教師の仕事

日本語教師の仕事は、授業だけであれば、勤務時間がはっきりしていて、労働時間も短いものです。しかし、授業準備にかける時間は、勤務時間内ではなかなか完結しません。

勤務時間外の帰宅後に、仕事をしている人は多くいますし、授業のアイディアは、日常の中にあふれており、それを見つけ出して実践に結び付けるのもこの仕事の日常です。

人を育成する仕事に、時間と貨幣は単純に計算することはできません。異文化から学ぶことは多く、やりがいがあるとか、教えることが好きだと思える人は、この仕事があっているのかもしれません。

仕事体験談