海外で日本語教師として働く

日本語教師は、国内の日本語学校やスクールで働くことができるほか、海外でも需要が高まっている職業です。

海外での働き方はいくつかありますが、ここでは代表的な働き方を紹介します。

海外でボランティア、インターンシップとして働く

まずは、ボランティアやインターンシップで働く方法です。

たとえば、実際に日本語教師として働く前に、海外のボランティアなどに参加することで、日本語教師の職業経験を得たり日本語教師としての適性を確認することができます。

数多くの仲介業者が、ビザの手続きから現地との連絡まで代行しているようです。

現地の学校と直接交渉する必要がない分、初心者でも安心して参加できます。

しかし、業者や国によって参加料金が異なり、高額になる場合もあります。

参加条件は、ボランティアであれば特別な資格はあまり求められません。

一方、JICAのような国際協力機関の日本語教師として活動する場合は資格要件があり、研修参加が必須です。

日本人教師のなかでも、JICAの給料や待遇はよい方といわれています。

海外の日本語学校で働く

海外の日本語学校に所属して働くためには、ビザの取得が必須です。

現地の駐在員の配偶者や、現地に国籍を持つ人と国際結婚をしている人であればすでにビザを所持しているため、日本語教師の仕事は得やすいようです。

海外のなかでも、とくに日本語教師の需要があるのはアジアの国々です。

しかし、給料は現地通貨で支給され、通常、高給な給料を受け取ることはありません。

途上国の現地の学校で何年も働き、そのまま社会生活に慣れ、現地通貨での生活がうまくできるようになった後に帰国すると、日本の恵まれた生活環境に気付き、「逆カルチャーショック」を強く感じることも多いようです。

海外で得られる経験

海外で日本語教師をすると、いろいろな新しい発見があります。

今まで常識だと思っていたことが海外では通じなかったり、日本の経済や文化が海外でどれだけ注目されているかや、日本人の国民性など、日本語教師として学習者と対話することで、自分の国について考え直すことが多々あります。

海外に身を置くと違う視点が養われますし、国によって見方も変わります。

中国から見た日本、韓国から見た日本、オーストラリアから見た日本など、それぞれの国から日本を眺める見え方は違います。

日本語を教えるだけではなく、異文化から学ぶ意義はとても大きなものとなるでしょう。

仕事体験談