副業としての日本語教師

ダブルワークと日本語教師

非常勤講師として働く人が多い日本語教師は、どうしても安定した収入を見込みにくい面があります。

そのため、非常勤の場合は仕事をかけもちして、この仕事を続ける人も少なくありません。

とくに若い日本語教師の卵は、いつか常勤講師になることを夢見てアルバイトをかけ持ちしている人が多いです。

昼は日本語学校で非常勤の日本語教師をし、夜はレストランで働くといったように、ダブルワークで生活することもあります。

また、ある人は日本語教師であることを生かしてスカイプを使って日本語を教えたり、自宅の一室を使い日本語の個人レッスンをするなど、個人の試みがビジネスにつながることがあります。

うまくいくと、そのダブルワークでの日本語教師の仕事がメインの仕事になることもあるようです。

学校に雇われずとも、自分で仕事を作り出すことも不可能ではありません。

仕事と趣味の間のボランティア

日本語を教えることは、必ずしもお金をもらってするばかりではありません。

よく国際交流の一環で、「外国人と言葉や文化を教え合うということが好き」と話す人もいます。

そういう人たちは、ボランティアで日本語を教えることがあります。

公共施設や学校で、あるいは地域の異文化交流会などで、日本語を教える方法を学んだ能力を活かすことができます。

ボランティアとはいえども、公的な機関で日本語を教える担当をする場合はある程度の責任がついてくるでしょうし、わずかな礼金が手に入る場合もあるようです。

しかし、それで生計が立てられるわけではありません。

地域にとってかかせない日本語教育のプロのはずであれども、ボランティアとなれば金銭的な対価は低いというのが実情です。

副業からステップアップ

たとえ報酬が低くても、日本語を教えるチャンスと捉えて継続していくことで、そのうちにより待遇のよい仕事に結びつくことがあるかもしれません。

日本語教師は、もちろんなるための勉強も不可欠ですが、現場で経験を積むなかで気付き、成長できるチャンスがたくさんあります。

別の仕事を確保したうえで、休みの日などを利用して日本語教師として非常勤やアルバイトとして働くうちに、常勤の日本語教師になるための実力をどんどんつけていく人もいるようです。

働き方は関係なく、日本語教師という職業に興味があるのであれば、海外の人に日本語を教えることができる機会を見つけて積極的に参加してみることをオススメします。

仕事体験談