独学で日本語教師になれる?

日本語教師の採用条件は?

日本では、公立学校の教員として働くには教員免許が必要とされますが、日本語教師は免許が存在せず、資格がなくても仕事をすることは可能です。

しかし、ほとんどの日本語学校において、以下のいずれかを採用条件としています。

・大学等で日本語教育課程の主専攻もしくは副専攻を修了する
・日本語教師養成講座420時間コースを修了する
・社団法人日本語教育学会が認定する「日本語教育能力検定試験」に合格する

上記のうち「独学」という可能性を考えると、3番目の「日本語教育能力検定試験」への合格を目指すことが挙げられます。

しかし、この試験に独学で合格することは、果たして可能なのでしょうか。

多角的な知識が求められる

日本語教育能力検定試験は、決して簡単な試験ではありません。

試験の出題範囲は、「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語一般」といった区分に分かれており、日本語の文法や構造から言語学、歴史、心理学まで、非常に幅広いことが特徴です。

参考書や問題集なども市販されているため、独学で勉強することが不可能ではないものの、かなりの努力が必要になるといえるでしょう。

多角的な知識を自分の力だけで身につけるのは大変なことです。

そのため、たいていの人は日本語教育能力検定試験の対策講座に通って、合格を目指しているようです。

合格率は決して高くない

日本語教育能力検定試験の合格率は例年20%程度を推移しており、ものすごく低い数字というわけではないものの、易しい試験ともいえません。

この試験は年に一度しか実施されないため、少しでも早く合格したいのであれば、やはり対策講座の受講を考えたほうが効率的でしょう。

この試験に向けた講座はいくつもの民間スクールなどが提供しており、通学期間やカリキュラムの内容を比較して、自分に合ったものを選ぶことができます。

ある程度のところまで独学で進めていく自信があれば、試験直前の対策講座のみ受講するといったことでもよいかもしれません。

仕事体験談