ネットワークエンジニアの勤務時間・休日・残業

勤務時間

企業に勤めるネットワークエンジニアの勤務時間は、各社の就業規則に沿ったものとなります。

一般的には、8:30~19:00くらいの間で設定されており、実働は8時間程度です。他のオフィスワークの職種の社員とほぼ同じと考えておいてよいでしょう。

ただし、ネットワークエンジニアとしてどのような業務に携わるのかによっても、勤務時間帯は変わってきます。

設計や構築の業務であればほとんど日勤となりますが、特徴的なのは監視業務を担当する場合です。

ネットワークは24時間動いているため、朝も夜も関係なく、24時間を交代制で働くことが一般的です。日によっては夜勤が入るなど、不規則な勤務体系となる場合もあります。

また、ネットワークの機器の入れ替え作業を行う際には、どうしてもネットワークが止まってしまうため、企業の営業に支障がない深夜の時間帯や、長期休暇のタイミングで行うといったこともあります。

休日

会社勤めのネットワークエンジニアの休日は、基本的に週休2日制で土・日曜日となります。

ただし、業務が立て込むと土曜に出勤となることがあったり、監視を行う場合には交代で休日出勤を行うこともあります。

その分、案件が落ち着いている時期には振替休日として平日に休んだり、有給を使って連休をとったりすることもできますが、勤務先によってどの程度の休みがとれるかは異なります。

残業

ITのエンジニアというと、「残業がものすごく多くて大変な仕事」という風にいわれることがあります。

たくさんの仕事を抱えるシステムエンジニアなどの中には、毎月100時間以上の残業を続けているような人もいるようです。

しかし、すべてのエンジニアがここまで忙しいというわけではなく、ネットワークエンジニアの残業状況も、会社や職場によってだいぶ異なるようです。

人員に余裕がある職場では、ほとんど残業なしということもあります。

とはいえ、通常はあまり残業がなくても、急なネットワークエラーが発生すれば、時間外勤務で対処しなくてはならないこともあります。

実際、残業のあまりの多さによって、離職率が高くなっている企業もあるようです。どれだけやりがいがある仕事でも、あまりに過酷な環境では長く働き続けるのが難しいため、勤務先は慎重に選ぶことが大切です。

求人情報を見ると、しばしば「残業時間〇時間程度」といった形で打ち出されていますが、できるだけ実態についてもよく確認しておいたほうがよいでしょう。