ミュージシャンの仕事内容

ミュージシャンの仕事とは

ミュージシャンの仕事は、人前で楽器を演奏したり歌を歌ったりすることです。また、楽曲の作曲や編曲を手がけることもあります。

活動内容はミュージシャンによってまちまちですが、大きく分ければ「創作活動」と「演奏活動」の2つがあります。

ミュージシャンはライブハウスやホールなどでの演奏のほか、CDのリリース、テレビ出演、演奏の講師などを行い、生計を立てています。“ソロ”ミュージシャンとして自分一人で作曲から編曲、演奏まで行うミュージシャンもいれば、“バンド”や“ユニット”の形で、他のミュージシャンと組んで活動する場合もあります。

さらに、他のミュージシャンがレコーディングする際に演奏を手伝う「スタジオミュージシャン」、ツアーに同行する「サポートミュージシャン」といった仕事を専門にしている人もいます。

ミュージシャンの所属場所

プロのミュージシャンは、レコード会社やプロダクションに所属して、メジャーとしての活動をしている場合がほとんどです。

しかし、メジャーデビューするとどうしても商業的な要素を強く求められることも増えるため、あえてインディーズ会社に所属して、自分の出したい音を出し続けることにこだわりを持つ人もいます。

一番に売れることを目指すのか、それとも、売れなくても独自の表現を追求し続けていくのか。ミュージシャンを目指す人は、この2つの想いの狭間で揺れることも多いのです。