ミュージシャンのつらいこと、大変なこと、苦労

「成功する」ことの厳しさ

「たくさんのお金を稼ぐ」ことをミュージシャンの成功と考えるのであれば、それはとても難しいことです。日本では、毎年何百ものミュージシャンがメジャーデビューしていると言われますが、生き残れるのはほんのわずか。名前すら知られないミュージシャンも大勢います。

そもそも、メジャーデビューにこぎ着くことも簡単ではありませんので、いかにこの仕事で安定した稼ぎを生み出すことが大変かがわかるはずです。

競争が激しい

スタジオミュージシャンやサポートミュージシャンとしてたくさん仕事がもらえるようになれば、それなりに安定した収入を得ることができます。しかし、仕事は突然なくなることもありますし、実力を持った若手ミュージシャンも続々と登場してきます。

常に競争しながら生き残らなければならない、厳しい世界です。

アルバイトとの両立

アルバイトをしながらミュージシャンとしての活動を続ける人は多くいます。特に、駆け出しの頃はほとんどの人が、他の仕事でも収入を得ているそうです。

成功する保証がない状況の中で、生活のためとはいえ、そのような生活が長く続くと、精神的にも肉体的にもつらいと感じることがあります。

人との関わり

ミュージシャンといえば、黙々と曲を作ったり演奏をしたりする姿を思い浮かべるかもしれません。しかし、この仕事は人と関わらなければならないことも多くあります。

たとえばレコーディングエンジニア、ライブハウスのスタッフ。メジャーデビューして有名になれば、ますます多くの人と関わらなければなりません。

自分が気持ちよく演奏するためには、関係者と良好な関係を築くことも大切です。このように、演奏以外の面でも気を遣わなければいけない部分があり、それが思ったよりも大変だと話す人もいます。