国会議員のやりがい、魅力

法律をつくること

国会議員の仕事で最も重要なのは、法律をつくることです。これは、国会議員ならではの大きなやりがいにつながっているといいます。

法律は、人々に大きな希望や可能性を与え、社会を変えられるからです。

たとえば育児休業法。この法律によって、男女ともに育児のために一定期間仕事を休んでも、雇用が守られるので安心して出産・子育てができるようになりました。

こうしたことは、育休法成立以前は難しかったはずです。

しかし、法律が制定されるまでには多くのハードルがあります。

法案(法律案)は、衆参両議院の委員会や本会議で審議され、可決されてはじめて成立します。法案をまとめるだけでも大変な作業です。

関連業界関係者と何度も意見交換して法案に盛り込む要点を整理し、所属議院の法制局に補佐されながら法案を詰めていきます。

この大変さに加え、議院への法案提出は議員一人だけではできないため、一定数以上の賛成者を集めなければなりません。

賛成者数は衆議院で20人以上、参議院で10人以上、予算を伴う法案提出の場合はさらに増え、衆議院50人以上、参議院で20人以上が必要になります。

また、超党派の議員連盟で法案を提出する場合、法案の方向性についてお互いに意見を出し合って決め、各党の合意を得て提出にこぎ着けます。

もろもろのハードルを乗り越えて法案が成立したときは、喜びもやりがいも一層強まるといいます。

さらに、法律が実際に施行され、より良い方向に社会を変えることができたと実感できるのは、国会議員の特権の一つかもしれません。

「あなたのような人が頑張らないとダメだ」

法律の制定は大きなやりがいにつながりますが、頻繁にあることではないでしょう。

反対に、日々の活動の中で受けるちょっとした応援は、ささやかですが、やりがいになっています。

議員の中には、朝の街頭演説を日課にしている人がいます。毎朝7時、暑い日も寒い日も雨の日も演説するのはカンタンなことではありません。

厳しい意見を言われたり、こころない扱いを受けたりすることもあります。

それでも時折、「メルマガ読んでるよ」「あなたのような人が頑張らないとダメだ」と応援してくれる人に出会うそうです。

こういうときは街頭演説を続けて良かった、議員になって良かったとしみじみやりがいを感じるようです。