棋士のつらいこと、大変なこと

対局に勝てないと収入が上がらない

将棋界のプロ棋士は、現在、約160人います。主な収入源は、対局すれば払われる対局料と賞金です。

日本将棋連盟の発表によれば、大きなタイトルを獲得する有名棋士で約1億円前後の収入があります。さらに、有名な棋士は、対局料や賞金に加え、CMやイベント、講演会などへの出演料など副収入も多くなります。

その一方、対局に勝てない棋士は、収入も低くなります。賞金を稼げませんし、多くの大会がトーナメントですので、負けると対局料ももらえません。

一般に、対局料や賞金収入が1000万円を超えるのは、将棋界で約10%といわれています。つまり、ほとんどの棋士は、年間1000万円以下です。

新人や収入の少ない棋士で、収入は300〜400万円といわれています。プロ棋士になっても、勝てなければ、収入が若いサラリーマン並みです。

勝てない棋士はアルバイトに忙しい

将棋の対局で稼げない棋士は、アルバイトをしています。将棋教室を開いたり、企業内サークル、愛好者の集まりなどで指導するというものです。指導の報酬は、1回あたり2〜4万円が相場といわれています。

アルバイトで将棋を教えようと思えば、教室を確保したり、宣伝もしなければなりません。会場へ出向くことも必要ですし、付き合いも増え、時間を取られます。

その分、自分の腕を磨く時間も少なくなり、アルバイトをやめられなくなるケースも少なくありません。

悪手の棋譜が残るのは屈辱

棋士が将棋を指した手順を記録したものを「棋譜」と呼びます。棋譜を見れば、その棋士が、どのような手を使ったのかわかります。

プロ棋士には、一度の対局をひとつの作品と考えている人もいます。対局に勝つだけでなく、できるだけ美しい手で勝ちたいと、その勝ち方にこだわるのです。

そのため、対局に勝っても、悪手をつかった場合、それが棋譜として残ることから、落ち込む人もいるようです。棋譜が残ることは、悪手を指してしまった棋士にとって屈辱といえます。

ちなみに、美しい手で勝っても、相手が終盤で悪手を使った場合、棋譜が汚れると、ムッとする棋士もいます。