健康運動指導士のやりがい、魅力

健康づくりの専門家として活躍できること

健康運動指導士は、高いレベルの医学的知識を生かしながら、「運動」という側面で地域の人々の健康づくりに貢献する仕事です。

現代の日本では、国レベルで生活習慣病予防をはじめとする健康づくりへの取り組みが強く訴えられるようになり、この仕事に対する注目度も高まりつつあります。

また、最近では民間の運動施設でも多種多様な運動機器が導入されており、健康運動指導士の存在は以前にも増して欠かせないものとなっています。

対象者が元気になる姿を見ること

健康運動指導士が作成する運動プログラムは、対象者一人ひとりの心身の状態に最も適したものとなります。

提案次第では対象者の生活の質を大きく向上させることにもつながるなど、とてもやりがいある仕事に携わることができます。

「利用者さんの健康を支える」という責任は重大ですが、自分の提案や指導によって相手がどんどん健康に、笑顔になっていく姿を間近で見られるのは、この仕事の一番のやりがいだといえるでしょう。

検査結果の数値が改善されているなど、数字で成果が見られる面もあります。

そのほか、あまり歩けなかった人がしっかりと歩けるようになったりする様子を見たときには、ものすごい達成感を得ることができます。

人と深く関わり「ありがとう」と言ってもらえる

健康運動指導士は、地域社会の中で活躍し、毎日たくさんの人と接します。

真剣に仕事と向き合っていれば、現場に出て利用者の方々に「あなたのおかげで元気になってきました」や「来てよかったです」などとダイレクトに声をかけてもらえることも多く、やりがいにつながります。

また、対象者によって作るべき運動プログラムは異なるため、日々の仕事内容に変化があるところも面白い部分です。仕事を通じて多くの人と関わる中で、自分自身の成長も感じられることでしょう。