健康運動指導士のつらいこと、大変なこと、苦労

同じことの繰り返しではない

健康運動指導士の仕事は単純なように見えて、実はとても奥深いものです。

日々さまざまな人と接しながら、その人に適した運動プログラムを作成することが主な役割ですが、同じ対象者であっても日によって心身の状態は異なりますし、少しずつ健康状態も変化していくものです。

健康運動指導士は「人の健康を支える」という重要な役割を担っているため、こうした対象者の変化にいち早く気付く必要があるところは、大変なところだといえるでしょう。

また、人相手の仕事であるだけに、なかなか予測できなかったり思い通りにならない部分もあります。

しかしながら、こうした変化を前向きに捉えられる人であれば、仕事のやりがいや面白みを感じていくことができるでしょう。

社会的認知度はまだまだ低い

現代の日本では、生活習慣病予防といったような人々の健康に対する意識が高まっていますが、健康運動指導士という資格や職業自体は、まだまだ認知度があまり高くないのが実情です。

たとえば、この仕事以外にもスポーツトレーナーとして働く人や、無資格者でも「トレーナー」という肩書を付けて働く人が大勢います。

健康運動指導士の資格は、取得するために専門的な勉強が必要であったり認定試験をクリアしなければならないなどの条件がありますが、今のところ無資格者と比較したときに、待遇面での差別化があまりされていないこともあるようです。

これから徐々に認知度が上がっていけば、将来的にはもっと良い条件で働ける職場が増えるかもしれませんが、現段階では仕事で担う責任に対して見合った評価がされていないといったもどかしさを感じることもあるかもしれません。

しかしながら、健康運動指導士は医療や福祉の専門家たちと連携をとって運動プログラムを提案する仕事であり、必要とされる場面は少しずつ増えているといわれます。