歌手の生活

歌手の毎日は基礎練習の繰り返し

プロとしてデビューした歌手の毎日は、基本的にはボイスレッスン、ダンスの練習や体力作りに費やされます。

また、歌手として活動するためには、歌だけでなく見た目も大切なので、体重管理や美容管理も毎日の日課になります。

もし、歌手本人が作詞作曲を手がけるのであれば、毎日の生活の中に作詞作曲の時間が加わります。

日々思ったことを書き留めて曲にする作業は、膨大な時間と神経を使う作業です。朝から晩まで曲作りをしている日もあるでしょう。

レコーディングに入ると歌漬けの毎日

仕事でレコーディング作業が始まると、歌手の一日は歌漬けになります。

多くの場合、レコーディング施設で合宿のように朝から晩まで歌を歌います。ただ、テレビなど仕事が忙しく時間が取れない歌手の場合は、夜のみという場合もあります。

レコーディング中はプロデューサーに歌い直しを要求されることもしばしばです。

どれだけこだわるかにもよりますが、長い場合、作業が数週間〜1ヵ月以上続くこともあります。

夜型生活が多い

歌手として活動している人の大半は、夜型の生活です。これは音楽業界の人の大半が夜型であるというのも関係しているかもしれません。

昼に起きて体力トレーニングやボイストレーニングをして、夜は関係者やスポンサーへの挨拶回り。

場合によっては先輩歌手の付き人のようなことをする場合もあります。新人歌手の一日は、たいていの場合そうやって過ごします。

有名になった歌手の場合

曲が売れて有名になると、歌手の1日は大きく変わります。テレビや雑誌インタビューの予定が分刻みで入る忙しい毎日を送ります。

この時期は自分の時間を持つのも大変だといわれます。

人気が落ち着いてある程度大御所になった歌手の場合は、ある程度自由に時間を使えます。

スポンサーとの食事やイベント、レコーディング、コンサートなどの予定はあったとしても、毎日の生活は比較的ゆとりがあり、自分のやりたいことを追求する時間が持てます。