塾講師の勤務時間、休日、残業

始業時間は昼過ぎ、定刻に終業できるのはまれ

塾によって多少のずれはありますが、講師の始業時間は大体13時ごろになります。

他の職種と比べるとかなりゆっくりとした出勤のように思われますが、講師に必要不可欠な授業の予習や教材研究等を終業後の深夜あるいは始業前の午前に行うことになるため、十分な休息がとれるとは言い難いのが現状です。

また、会議や研修が勤務時間外である午前中に入ることも珍しくありません。

労働時間としては一般的なサラリーマンと同様に1日8時間であり、終業時間は22時ごろになりますが、定時で終業できることはほとんどありません。

生徒対応が長引いたことにより、残務処理が深夜にまでずれ込んでしまうことも珍しくないのです。

休日出勤することも多い

塾講師は基本的に土日の連休は存在しないと考えてよいでしょう。

一般的な休日にも授業が行われたり自習室を開放していたりする場合が多いため、週1日の休日が平日になることもあります。

しかもその休日も生徒や保護者との面談や勉強会などで潰れることもよくあることです。

また祝日であってもイベント開催等で出勤となることもありますが、その分代休が発生し相殺されます。

土日祝日の出勤は通常出勤とみなされるため、休日手当がつかないことがほとんどですが、ゴールデンウィーク、盆、正月は特別手当を付与する塾が多いようです。

夏期や冬期休業中の講習や入試前はいわゆる塾業界で言うところの繁忙期にあたるため、連勤となり、なかなか休みが取れない場合もあります。

残業の定義が曖昧

これは教育業界全般にいえることですが、たとえ講師側の終業時間をまわっていたとしても補習や面談などの生徒対応が終わらなければ、それを途中で投げ出すことはできません。

結果として、必然的に残業が慢性化してしまう傾向があります。

しかし、これらは生徒の熱意と講師の善意による勤務時間超過としてみなされ、残業代が計上されることは少ないようです。

残業の定義が曖昧、むしろ残業という概念が存在しないという点は教育業界ならではの特徴であるといえます。

ある程度の経験を積めば、生徒や保護者との対応にも慣れ、適当なところで切り上げることもできるようになりますが、新人のうちはなかなかそうもいかず、連日深夜の帰宅になりうることを覚悟しておいた方がよいかもしれません。