情報システム(社内SE)部門で働くには

新卒で社内SEとして入社する

募集数は小ないものの、社員の育成に余力のある大手企業の場合、新卒社員として社内SEを採用しているケースもみられます。

学歴については、入社してからの研修制度が整っている場合には文系、理系は問わないとしているケースみられますが、大企業や高度な技術知識を必要とする場合には高専や大卒以上で情報システム系の学部を条件にしているケースなど、企業によって求める条件はさまざまです。

未経験の採用の場合、クライアントPCや社内のファイルサーバやWebサーバ、メールサーバなどの死活監視、管理といった比較的簡単な業務など、高度な技術スキルが求められないものから始めるというパターンが多いでしょう。

また、システム自体は外注して、社内では運用のみを行っているという企業も多いですが、その場合、比較的簡単な業務が多くなり技術スキルは身につけにくいこともあります。

そのため、面接などで社内SEが担う業務について質問するなどして理解し、自分の目指すキャリアに合っているのかなどを検討することも必要でしょう。

SEから社内SEへ転職する

情報システム会社などで、SEとして経験を経た後に、社内SEへと部署異動することで社内SEになることができます。

一般的に入社後数年で社内公募などの制度で、他部署への異動を願いでることが可能なケースも多くあり、またそのような制度がない場合は上司に相談する必要があります。

人事は会社の都合もあるため、すぐには異動ができなくても、根気強くチャンスをうかがい、相談することで可能な場合もあるでしょう。

転職エージェント、転職サイトを利用する

SE市場は、その業務の多忙さと専門性の高さから、比較的流動性の高い職種といわれます。

一方で、社内SEの場合は、もともとの人数枠が少なく、また離職率もそれほど高くないことから、募集数は少ないのが現状です。

そのため、広く情報を得るためにも、転職サイトを活用したり、また非公開の求人情報をもっているケースもあるため転職エージェントなどに登録することもメリットがあるでしょう。

コミュニケーションスキル、業務知識などを身に着けることが重要

社内SEに求められるスキルとして、多くの関係部門やベンダーを調整するためのコミュニケーションスキルや、担当するシステムに関係する業務知識があげられます。

社内で異動する場合、社外へ転職する場合でも、SEとしての技術スキルは基本として、コミュニケーションスキル、業界知識を磨くことで、社内SEへの可能性が高まるでしょう。