居酒屋店長になるには

居酒屋を経営する会社に就職する

居酒屋店長になるにはいくつかの方法が考えられますが、代表的ななり方のひとつが、居酒屋チェーンを経営する会社に就職して、「雇われ店長」として働くというものです。

居酒屋は非常に数が多く、また人手不足となっているため、求人は年間を通じて多数出ています。

未経験者を受け入れる傾向も強い世界ではありますが、何の経験や知識もないところから店長になりたい場合、まずは「店長候補」として採用され、ホールや調理スタッフから経験を積んで、副店長、店長へステップアップするルートが一般的です。

雇用形態については、最初から正社員として働けるところもあれば、まずはアルバイトからのスタートで、実力に応じて正社員に登用されるということもあります。

居酒屋で働くのに、特別な資格や学歴などは普通求められません。

ただし、店長となれば接客や調理はもちろん、マネジメントなどまで幅広くスキルを磨く必要があります。

現場で覚えることが、何よりの財産となるでしょう。

なお、居酒屋といっても、格安メニューを売りにした超大手チェーンもあれば、郷土料理を特色とする居酒屋、魚など特定の料理に強みを持つ居酒屋など、さまざまな個性を持った居酒屋があります。

店によっても雰囲気がだいぶ異なるといわれるため、よく検討してから就職先を決定するとよいでしょう。

自分で店を出す

もうひとつ、居酒屋店長になる方法として、自分で店を出すということが考えられます。

当然、開業するとなれば経営から何からすべてを自分でやらなくてはならず、雇われて働くよりもリスクは高いといえますが、理想の店を作りたいという人や、大きく成功するために頑張りたいといった人は、こちらの道を選択する人もいます。

ただし、未経験者がいきなり居酒屋を経営するのは難しいため、どこかの居酒屋で働いて、ある程度のノウハウや実力を備えてから独立開業という道を選択する人が多いようです。

また、飲食業界はフランチャイズの仕組みも整っているため、フランチャイズに加盟して、本部のサポートを受けながら開業するという人もいます。