居酒屋店長に向いている人、適性

人を楽しませることが好きな人

居酒屋は、お客さまにおいしい料理やお酒を提供すると同時に、居心地のよい空間で楽しく過ごしてもらう場となっています。

そんな店の責任者となる店長には、他のどのスタッフよりも強く、「お客さまを楽しませたい!喜んでもらいたい!」という気持ちを持っていることが求められます。

自分が頑張って動くことで、誰かが笑顔になってくれることに喜びを感じられる人、幸せな気持ちになれるような人であれば、居酒屋店長としての適性は十分にあるといえるでしょう。

ムードメーカーになれる人

居酒屋といってもワイワイガヤガヤしたお店から、しっとりと飲めるようなお店までさまざまありますが、基本的に店長には大勢のスタッフをまとめあげ、店全体を盛り上げていくような役目を担うことが求められます。

したがって、リーダーシップを発揮する必要があることはもちろん、自らムードメーカーとなってスタッフが楽しんで働ける雰囲気づくりをしたり、率先してお客さまと会話を楽しんだりするような行動が大事になります。

何もお喋り上手である必要はありませんが、人の前に立つことが嫌いという人よりは、明るくみんなを引っ張っていけるような人のほうが、この仕事には向いているといえるでしょう。

心身ともに健康な人

居酒屋の仕事は、心身ともにハードワークになりがちです。

とくに店長となれば、接客や調理以外の膨大な事務作業などにも追われますし、日々、店の売上といった数字面も意識していかなくてはならず精神的なプレッシャーもあります。

営業時間中は立ちっぱなし、動きっぱなしかつ元気に声を出すことも多いため、体力を要します。

仕込みや片付けなどが長引けば、長時間労働になることもあります。

こうしたことから、心身ともに健康であり、それなりに体力にも自信があるという人のほうが、居酒屋店長には望ましいといえるでしょう。