居酒屋店長の現状と将来性

需要は大きく、求人数も多い

街を歩けば大小さまざまな個性を持った居酒屋にたどり着くように、居酒屋は今も昔も、人々の憩いの場として不可欠なものとなっています。

外食産業は人手不足の状態が続いており、とくに大手チェーンの居酒屋では、つねに店長候補となれる人材を募集しているほどです。

熱意や根性さえあれば未経験からでもスタートしやすい仕事であり、そうした意味では居酒屋店長として職に困ることはないでしょう。

年齢を重ねると厳しくなってくる面も

居酒屋店長として働くチャンスは多数あれど、40代あるいは50代になって徐々に体力が落ちていくと、ハードワークを続けるのは厳しくなってくると言わざるを得ません。

社員として店長職を務めるのであれば、多数のスタッフをまとめあげたり、会社からの指示に従って動いたりと、肉体的にも精神的にもストレスがかかります。

店長としての経験を積んで、エリアマネージャーや本社勤務をすることも不可能ではないですが、そのようなポストは限られているのが実情です。

いくつになっても現場で働く意欲があり、ハードワークをも乗り越えていくことができれば、ベテラン店長として長く働くことは十分に可能だといえるでしょう。

マネジメント経験がある人はどの会社にいっても重宝されるため、転職もしやすいといえます。

独立開業するかどうか

居酒屋店長として働き、その先に独立開業して自分の店を持つことを目標にしている人も多数いることでしょう。

開業すれば会社に左右されずに、自分の体力やライフスタイルに応じて営業時間などを自由に設定することができますし、理想のサービスやメニューを追求していくことも可能です。

居酒屋の責任者として働くことを一生の仕事にしたいのであれば、やはり独立を視野に入れるほうがよいかもしれません。

もちろん、個人経営で勝負していくのは、また雇われとは違った厳しさがあります。

しかし、リスクを背負ってでも魅力的な居酒屋を経営することができれば、店を繁盛させて大きく稼ぐことも夢ではありません。