居酒屋店長のやりがい、魅力

お客さまの笑顔にたくさん触れられる

居酒屋店長としての一番の喜びは、お客さまにおいしいお酒や料理を提供し、「おいしかった!」と満足して帰っていただけることです。

居酒屋で働く人は、誰しも少なからず人を喜ばせたいという気持ちをもっていますが、店長になれば責任者としての自覚が芽生え、すべてのお客さまに満足してもらいたいという気持ちが高まるでしょう。

そのようななか、自分たちの接客や料理で笑顔になっていただければ、それは居酒屋店長にとってこの上ない喜びとなります。

人と人のつながりが実感できる

ひとくちに居酒屋といっても、若者が気軽に集えるチェーンの居酒屋もあれば、落ち着いた大人の雰囲気が流れる居酒屋もあります。

しかし、どのような居酒屋で働いていても共通するのは、人との触れ合いこそが、この仕事の最大の魅力だということです。

お客さまはお酒が入っていることで陽気な気分になり、非日常的な気分を味わいたいと考える方もたくさんいます。

店では、お客さまとスタッフが会話を楽しむような機会もたくさんありますし、そうした人と人とのつながりを実感しながら働くことによって、店長自身も癒やされることがあるでしょう。

店の成長が感じられたとき

居酒屋店長になると、どうしても店の売上を強く意識していかなくてはならず、店長は少しでも売上を増やすために、日々努力することが求められます。

従業員の教育に力を入れて接客を見直したり、宣伝の方法を変えてみたりと試行錯誤の連続となりますが、そのようなことを続けていると、確かに店が変化する瞬間を目の当たりにすることができます。

それは目に見える数字で表れることもありますし、お客さまからの反応でわかることもあります。

店を自分の手で育てていき、より良い店になっていくことが実感できるのも、居酒屋店長としてのやりがいになるといえるでしょう。

また、自分が教育した従業員が一人前になっていくのを見るのも喜びのひとつです。