居酒屋店員への転職

異業種からの転職も可能

居酒屋は大手チェーン店から、個人経営の店まで、多種多様な個性を持った店が存在します。

慢性的な人手不足の店舗も多いため、店員の求人は非常に多いことが特徴です。

居酒屋店員は、なるうえで学歴や特別な資格が求められることもほとんどなく、誰でも熱意さえあれば仕事をスタートすることができます。

したがって、未経験者を歓迎する傾向が強く、異業種からであっても転職を成功させやすいといえるでしょう。

アルバイトからステップアップ

居酒屋店員は、正社員のほか、派遣社員、アルバイトなど、多様な雇用形態で働く人がいます。

未経験でも最初から正社員として転職できる場合もありますが、アルバイトとしてスタートし、そこから正社員へとステップアップする道が用意されている場合もあります。

居酒屋の仕事は楽しそうに見えるかもしれませんが、実際には酔っ払ったお客さまを相手にするサービス業であり、体力も精神力も要する大変な仕事です。

また、店によって労働環境や職場の雰囲気、待遇なども大きく異なるといわれます。

転職を考えているものの、仕事が自分に合うかどうか不安という場合には、まずアルバイトとして店に入ってみるという手も考えられます。

アルバイトであれば正社員ほどの責任を持たずに仕事ができますし、どうしても職場が合わなければ辞めやすいのもメリットです。

転職を決める前に

居酒屋は、かつては「ブラックな仕事」といわれていましたが、最近は長時間労働などが社会問題となったことから労働環境の見直しも進んでいます。

とはいえ居酒屋の数は多く、職場によってだいぶ状況は異なるのが実情です。

また、ホール担当、調理担当など、仕事内容別の求人も多く、店長候補やマネージャーなどの役職別に求人が出されている場合もあります。

転職を決める際には、自分が居酒屋でどのような仕事をしたいのか考えると同時に、複数の求人をよく見比べて、安心して働けるところを慎重に選ぶことをオススメします。