医療情報技師と診断情報管理士の違い

医療業界のさまざまな職業

医療業界では時代の変化とともにさまざまな新しい職業が誕生しています。

たとえば、近年では病院の事務のスペシャリストである「医療事務」や入院患者への案内をする「医療コンシェルジュ」は資格が必要な専門性の高い仕事として注目を集めています。

また、この記事でご紹介している「医療情報技師」と名前が似ている「診療情報管理士」も人気のある職業のひとつとなっています。

それでは、この二つの職業にどのような違いがあるのでしょうか。

ここではその違いを説明しましょう。

診療情報管理士の仕事とは

医療情報技師は職業名に「技師」という名前がついていることからわかるように、医療関係の情報システムを構築するための専門知識と技術を持っている人のことを指します。

電子カルテなどのシステムの運用や保守を行うこともあるので技術職としての役割が強いのが特徴です。

一方、診療情報管理士の場合は、電子カルテなどに記載されている診療情報の管理をしたり情報処理を行ったりするのが仕事です。

ときには特定の病気のデータ調査や分析をすることもあるので、ITを取り扱うための技術ではなくて医療や医学に関する知識が求められるのが特徴です。

もちろん、こうした作業はパソコンを使って行うので、最低限のパソコンスキルは求められます。

職業の適性の見極め方

医療関係の専門学校では「医療情報技師」と「診療情報管理士」それぞれの育成のためのコースを設けていることがあります。

どちらの職業のほうが向いているか迷った場合は、IT技術への興味や関心が高い人は医療情報技師、医学への興味や関心が高い人は診療情報管理士を選ぶとよいでしょう。

どちらもまだまだ新しい仕事ではありますが、医療業界においてもさまざまなシーンでデジタル化が進んでいるため、時代に必要とされる職業ともいえます。

これからますます活躍の場は広がっていくと考えられます。