公務員の保育士

公立の保育園で働く保育士は公務員

保育士と公務員との関係性についてお話しします。

まず保育士とは保育士免許を取得して、保育士の登録を終えた人のことを指します。保育士の勤務先は、保育園だけでなく、相談所・学童保育・託児所・病院・児童福祉施設などもあります。

公務員は公的機関で勤務する人のことです。公的機関には国の機関で勤務する人「国家公務員」と自治体の機関で勤務する人「地方公務員」があります。

つまり、公立の保育園、公立の児童福祉施設、で働らく保育士は公務員となります。

もちろん、私立の保育園や施設で働く保育士は公務員ではありません。

公務員試験について

公務員の保育士になるためには、各自治体が行う保育士採用試験に合格する必要があります。

受験資格・選考方法は各自治体によって違いがあるので自分の地域の情報を取得しておきましょう。なお、国家一種、二種といった公務員試験に合格している必要はありません。

だいたい毎年6月から9月ごろまで試験を行っています。市役所や出張所などで問い合わせて確認することができます。

試験内容は一次試験で選択方式の問題、とくに専門知識や一般教養が出題されます。中には作文が出題される地域もあるようです。

二次試験では集団行動観察や面接、ピアノ、適性試験などを行います。体力測定を行うところもよくあります。

また、自治体によって三次試験がある場合もあります。申し込みの手続きで必要な書類も地域により異なりますので確認してみましょう。

面接では、「公務員」についての自覚が問われるような質問があるようです。

公務員の保育士の特徴

公務員保育士と民間の保育士ではいろいろな面で差が出てきます。公務員の保育士の場合、正規雇用での公務員としての勤務となるので給料は地方公務員と同じくらいの給料が支払われます。

初任給ではそれほど差はないようですが、公務員は毎年給料が上がっていきます。そのため、保育園に勤めた年数が長いほど給料は高くなります。

公立と私立で仕事内容はほとんど変わりませんが、公立は延長保育を行う保育園が少ないという傾向があります。

しかし、最近は利用者のニーズ高まり、公立の保育園であっても延長保育を取り入れるというところが増えてきているようです。

また、公務員なので人事異動がある、つまり転勤させられるということがあります。

何年かある保育園に勤めて次に児童福祉施設に異動ということもあるようです。ある程度希望を聞いてもらえますが、必ずしも自分の希望が通るということではありません。

公務員とは言っても、毎年必ず保育士を募集しているわけではなく、退職した人がいた場合に募集がかかります。

公立の保育園は辞める人が少なく、また公務員人気の高まりもあり、地域によっては倍率がかなり高くなっています。

採用試験に合格=就職ではない

気を付けないといけないことがあります。それは採用試験に合格した場合でも、どこの施設にも勤務できないことがあるということです。

採用試験に合格すると、採用候補者名簿に登録されることになりますが、施設から採用希望の申し出があって初めて就職が決まります。

登録有効期限が1年間となっているので、1年の間にその地域の保育園から採用の申し出がないと、次年度に再度採用試験を受験しなければならなくなります。

仕事体験談