行政書士に向いている人・適性

行政書士に向いている人や適性にはどのようなものがあるのでしょうか。

コミュニケーション力のある人

行政書士の仕事はサービス業でもあります。実際に作成を行うにあたっては、顧客がどのようなことで困っているのか、また書類作成で必要となる多くの情報を聞き出す必要があります。

そのため、顧客とコミュニケーションをとり、信頼される関係づくりが欠かせません。

また、独立して業務を行う場合では特にいえることですが、継続的に仕事の依頼を獲得するには、コミュニケーション力は欠かせない要素であるといえるでしょう。

好奇心と根気の強い人

行政書士の仕事の大半は書類の作成になります。その書類は1万種類以上を超えるともいわれる非常に広範囲の内容となっています。

そのため、顧客の依頼によっては、今まで経験をしたことがないような業界についても知識が必要になるという場面も多いでしょう。

そういった状況においても、さまざまな業界に興味を持ち、理解することが必要になります。

そして、複雑な書類の作成のために、調べなければならないことが多くとも、根気強く対応していく姿勢が必要となります。

正確かつスピーディな事務処理力のある人

行政書士に依頼される書類には、営業許認可裁判関連の書類といった、非常に重要な書類を扱うことも多くあります。

そのため、書類の作成における誤字脱字といった簡易的なミスから、必要となる書類を間違えるといった顧客への損害をあたえるようなミスなどはあってはいけないため、非常に正確性を求められる仕事といえるでしょう。

また、書類を提出するにあたっては、顧客の要望と書類の提出期限といったスケジュールに対応するために、急ぎで行わなければならないことも多くなります。

正確かつスピーディに必要な資料や情報を収集し、作成していく事務処理力は必須となります。

責任感をもって仕事を行える人

行政書士として仕事を行う上では、営業の許認可や裁判関連の書類といった、顧客の人生までもを左右するような重要な書類作成業務を行うことも多くなります。

そのため、顧客との信頼関係を築き、強い責任感をもって仕事を行う必要があります。