芸術家の生活

芸術家の生活サイクル

芸術家には画家、版画家、彫刻家、陶芸家、工芸家などさまざまなジャンルがありますが、どのジャンルにしてもほとんどがフリーランスで活動しているため、勤務時間や労働時間、休日は定まっていません。

人によっては、静かな夜中の方が仕事がはかどると、昼夜が逆転した生活を送ることもあります。

創作意欲が沸いたときや閃きがあったときには作品づくりに没頭し、それ以外の時間はいわゆる「充電」と、メリハリのある働き方をする人が多いようです。

充電の仕方は、家でゆったりと過ごしたり、感性を磨くために美術館などに足を運んだり、インスピレーションを受けるために旅行に行ったり、さまざまな職種の人と交流したりと、人それぞれ。

必要があればまとまった休みを取ることも可能です。

一年の中でとくに忙しい時期は一般の職業と比べると少ないですが、個展やグループ展の直前で必要な作品が仕上がっていない場合や、スポンサーの依頼を受けて作品を制作する場合の締切り前などは比較的忙しくなります。

生活を助けるための副業

「芸術家」と名乗っていても、作品の売上だけで生計を立てている人は皆無に等しく、ほとんどの人が美術講師やアルバイトなどの副業をもっています。

中でももっとも多いのは芸術家としての仕事に近く、センスや能力を生かせる副業です。

たとえば、画家や版画家ならイラストレーター、彫刻家なら空間デザイナー、陶芸家や工芸家なら陶芸や工芸で食器などの日用品をつくる職人など。

こうした副業は会社に所属したり雇い主がいるため勤務時間が決められていて、一般の職業のように会社や工房へ通勤する形になります。

本来なら24時間、365日を自分の作品づくりに使いたい芸術家は「生活のため」と割り切って副業をこなしている人がほとんどでしょう。

しかし、こうした本業に近い副業は時代のトレンドや消費者のニーズを知ったり、感性が刺激されるなどのメリットも生み出しています。