学芸員の1日

開館前の仕事

まず朝は開館の一時間前程度の時間に出勤し開館前の下準備を行います。施設と役職で多少異なりますが、美術館・博物館の開館時間は10時頃が多いので、9時前に出勤していることが多いです。

簡単な施設内の整理や清掃を行って、メールの返信からホームページを更新したり、パネル製作や書籍の発注などさまざまな事務的な雑用があります。

自然科学や動物などがいる施設では、植物の水やりや手入れ、標本作りや、生き物の餌やりや世話などの仕事があります。展示期間中は展示品の見回りやチェック、変更などがある場合は、開館に間に合うように調整していきます。

日中の仕事

開館してからは来客の応対や案内もつとめます。施設内のグッズや書籍の売り子の担当になったり、チケットやパンフレットなどの配布をすることもあります。

昼に一時間ほど食事休憩をとってから再び仕事に戻ります。

新たな展示の企画、自分の研究部門の文献調査、論文や資料をまとめたり、時には現地に出て調査なども行います。つまり博物館の運営に関する雑務から、自分の専門の研究領域の作業、この両方が主な役割となって進めていきます。

対外的な交渉も日中に行います。業者の連絡や、搬入搬出の手続き、関係省庁や施設への連絡、相談などです。

また博物館も市民講座などを開講していることが多いので、市民の受講者への講義や時には公民館や施設に出かけて文化振興のための講義や説明会などもつとめます。

大規模な展覧会が開かれている時は来場数も多いのでその対応や、物品の補充、後片付けなど雑用が次々に出てきて仕事も長引くことも多いです。

8〜9時ころに展示の後処理、戸締りなどの確認をし、個人的な調査研究作業をしている場合も一段落付けて片付けに入り、一日の仕事の終了となります。