フードコーディネーターの志望動機

食を通じて人々に感動や驚きを与える

フードコーディネーターを目指す人は、少なからず「食」に関心を持っています。とくに目立つ志望動機のとしては、「料理をすることが好き」ということが挙げられます。

たしかにフードコーディネーターは、自分でレシピを考えることや撮影現場などで料理する機会も多いため、食事を作ることが好きだったり、食べることが大好きという人にはとても向いている仕事です。

しかしながら、フードコーディネーターはあくまでビジネスの世界で、人を喜ばせるために活躍します。

ただ料理を作って自己満足するだけでなく、自分が考えたり作ったりした料理でクライアントの売上に貢献したり、それを見たり聞いたり食べたりする人に驚きや感動、喜びを与えなければなりません。

こういったことを理解したうえで、料理や食事が大好きな気持ちや、自分の持つ食の知識で人を幸せにしたいといった志を表現できるようにしたいものです。

フードコーディネーターに志望動機は必要?

フードコーディネーターはフリーランスとして働く人も多い職業です。フリーでやっていくならば、企業の就職試験のような面接もありませんし、志望動機を問われる機会もあまりないはずです。

そのため、必ずしも対外的な志望動機を考える必要はないでしょう。しかしながら、自分で仕事をやっていく場合は、「フードコーディネーターとして何をしたいのか? 何ができるのか?」をしっかりと考えておくことは大切です。

フードコーディネーターは、食品企業のコンサルティングから、テレビや雑誌などのメディア、講演活動、料理教室、農業団体などと協力した地域活性化、さらには教育現場での食育など、多岐に渡る場所で活躍できる仕事です。

やれることがたくさんあるからこそ、自分の中で「フードコーディネーターとしてこういうことがやりたい!」という意思を持ち、積極的に周りにアピールすることも大切です。

強い意志を持ち、自分で自分の道を切り開いていく気持ちが大切です。