ファイナンシャルプランナーの勤務時間、休日

ファイナンシャルプランナーの勤務時間や休日は、大きく分けると「企業などに所属して働く場合」と「独立して働く場合」とで変わってきます。

それぞれについて見ていきましょう。

勤務時間

企業で働く場合

企業などに所属して働くファイナンシャルプランナー、いわゆる「企業内FP」といわれる人は、勤務先となる企業が定めた就業時間が勤務時間となります。

銀行などの金融機関であれば9時〜18時くらいの時間帯で働くことが多くなるでしょう。実働は7.5時間〜8時間程度が一般的です。

ただし、ファイナンシャルプランナーはお客さまからの相談を受ける仕事が中心となるため、お客さまの都合によっては勤務時間を超えて仕事をすることも出てくるでしょう。

正社員であればフルタイム勤務となりますが、なかには契約社員や派遣社員、パートといった別の雇用形態で仕事をする人もいます。

その場合、1日の勤務時間は数時間程度と短くなる場合もあります。

独立して働く場合

独立して働くファイナンシャルプランナー、いわゆる「独立系FP」の場合、自らの業務スタイルによって勤務時間が異なります。

会社員と同じように、日中の時間帯に仕事をしている人が多いようですが、個人で仕事をしていれば明確な勤務時間を定めていない場合もあります。

税理士、行政書士、社会保険労務士といった別の資格と併せ、FPのスキルを生かして活動している人も多いため、人によって働くスタイルはだいぶ変わってくるといえるでしょう。

休日

企業で働く場合

企業内FPの休日は、基本的に勤務先となる企業が定めた休日そのものとなります。

銀行や証券会社などではたいてい土日祝日が休みとなっていますが、週末を利用して保険の相談会などのイベントを開催するところもあり、その場合はFPが出勤しなくてはならないこともあります。

独立して働く場合

独立系FPの休日は、勤務時間と同様、その人によって変わってきます。

週末を休みにしている人もいれば、お客さまの依頼が多い土日中心で相談業務を受けている人もいます。

独立して働く場合、基本的に休日も勤務時間もすべて自分で決めることが可能です。