女性のファイナンシャルプランナー

女性の視点を生かせる仕事

ファイナンシャルプランナーは、お客さまの資産や将来設計などのお困りごとに対し、お客さまの家計や家族の状況をヒアリングして、アドバイスをしていきます。

その際には、家計を管理している立場、働く女性の立場、そして妻や母としての立場など、女性ならではのさまざまな視点を活かすことができます。

また、お客さまの抱えているお困りごとには、妊娠や出産といった女性が深く関わるライフイベントにまつわるものもあります。

そのため、女性のファイナンシャルプランナーのほうが話しやすいというお客さまもいらっしゃいます。

多くの女性ファイナンシャルプランナーが活躍する今では、女性ファイナンシャルプランナーのネットワークも強固なものになり、あちこちで勉強会や交流会が実施されています。

女性を対象とする転職サイトでも、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人を歓迎する求人情報は少なくありません。

専門職のひとつとして、女性からの注目度も高まっている職業だといえるでしょう。

女性を求めている企業も多い

企業で働くファイナンシャルプランナーの勤務時間は、固定されている場合もあれば、シフト制、さらにはフレックスタイム制などさまざまです。

最近は女性を求める企業が増えており、求人サイトで「ファイナンシャルプランナー」または「FP」というキーワードが入った求人を検索すると、女性が働きやすい福利厚生が整えられている点をアピールしているものがよく見つかります。

また、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」をキープしながらキャリアアップができる職場であったり、結婚や出産によって一度退職したものの、もう一度働きたいという人にとって働きやすい職場もあるようです。

それらの求人は、だいたい女性を多く集めたいと考えられて掲載されていることから、女性ファイナンシャルプランナー歓迎で、仕事と家庭生活を両立しやすいように配慮されていることが多いでしょう。

資格は永久的に有効

ファイナンシャルプランナーには「FP技能士」という国家資格がありますが、この資格の効力に期間の制限はなく、登録や更新の義務もありません。

新しい知識を次々に身につけていく努力は必要ですが、退職しても仕事を再開しやすいといえます。

また、独立してファイナンシャルプランナーとして働くこともできます。

独立すれば、企業勤めとは違った厳しさも多々ありますが、自分である程度時間を自由にコントロールしやすくなるというメリットもあります。